ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Dorothy Little Happy 発売間近の新作収録曲を全曲熱唱、定評ある歌唱力の2人が挑んだ冒険とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 仙台市在住の2人組ガールズユニット Dorothy Little Happy(ドロシーリトルハッピー)が、リリースを目前に控えるニューシングル『バイカラーの恋心』収録曲を全曲披露するライブを、4月22日に東京 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて行った。

dorothy.jpg

 新たなサウンドクリエイティブチームによるタイトル曲や、日本トップクラスのアーティストマネージメント&クリエイティブプロダクション“SIGNO”によるビジュアルなど、UNIVERSAL GEARレーベル移籍を果たした前作以来、半年ぶりのニューシングルにして様々なチャレンジに挑んでいる新作『バイカラーの恋心』。5月25日にリリースを控える中、計6形態に収録される4曲をすべて披露する場として、この日のライブは開催された。

 [白TYPE]で使用している純白の衣装で登場した2人は、オープニングナンバーとして早くも新曲のひとつで、キラキラとした疾走感のある「Dorothy Train」をセレクト。さらには序盤から同じくシングル収録曲の「雨が降る夜空」も披露したが、こちらは遠距離恋愛を題材にメンバーの白戸佳奈が作詞を担当したミディアムバラードで、アイドルシーンでは抜群の歌唱力と定評がある2人の伸びやかな歌声を堪能できる1曲だ。

 その後もゆったりしたナンバーが並ぶ中、この日が初披露となった新曲「ASHITA TREASURE!!」は、2人にとって“冒険”、そして“良い意味で調子にノッている”というロックナンバー。ラウドなギターリフから始まるノリノリのサウンドが特徴となり、エネルギッシュな歌声やダンスが楽しめる小気味よいアッパーチューンとなっている。

 ライブ中盤には、定番曲などに織り交ぜてタイトル曲「バイカラーの恋心」を披露。近年のトレンドである“バイカラー”をテーマに、キュートなメロディと軽やかなサウンドで紡がれていく爽やかな世界観が心地よく、ライブ受けも良いポップチューンだ。イントロやサビでは観客との掛け合いもあり、これからのライブでは欠かせない楽曲となっていきそうだ。

 なお、Dorothy Little Happyはゴールデンウィーク中も各地でイベント出演が決定している。4月29日に地元 仙台のMACANAで開催する2部構成のプレミアムライブに始まり、翌30日にはAKIBAカルチャーズ劇場でのイベントへ出演し、5月2日には東京カルチャーカルチャー初登場となるトークショー&ライブも。そして夏には恒例の一大アイドルフェス【TOKYO IDOL FESTIVAL2016】へも出演するので、成長を続ける2人の姿をぜひライブで体感してみよう。

撮影:杉岡祐樹

◎シングル『バイカラーの恋心』
2016/05/25 RELEASE
[青盤 TYPE-A]
POCS-1428 1080円(税込)
[青盤 TYPE-B]
POCS-1429 1080円(税込)
[青盤 TYPE-C]
POCS-1430 1080円(税込)
[白盤 TYPE-A]
POCS-1431 1080円(税込)
[白盤 TYPE-B]
POCS-1432 1080円(税込)
[白盤 TYPE-C]
POCS-1433 1080円(税込)

◎Dorothy Little Happy ライブ出演情報
【Dorothy Little Happy Live 2016 ~GWプレミアムドロシーリトルハッピーライブ!~】
4月29日(金・祝) 宮城 仙台MACANA
【大島ULTRA FES 2 ~Road to Paris 2016~】
4月30日(土) 東京 AKIBAカルチャーズ劇場
【Dorothy Little Happyの『ドロシーのトークショー&ライブ !!』】
5月2日(月) 東京カルチャーカルチャー
【IDOL PAGE IN SHIBUYA】
5月14日(土) 東京 渋谷clubasia
【TOKYO IDOL FESTIVAL2016】
8月5日(金)、6日(土)、7日(日) お台場・青海周辺エリア

関連記事リンク(外部サイト)

乃木坂46 2ndアルバム収録楽曲&商品概要が遂に決定 プレミアムイベントの開催も
でんぱ組.incの妹分・妄想キャリブレーション 日比谷野音で新曲『ちちんぷいぷい♪』初披露
【深ヨミ】HKT48、この1年での店舗セールス動向に変化は??

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP