体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

旅立つ前に知っておきたい! ベルギーで役立つ通貨の情報

旅立つ前に知っておきたい! ベルギーで役立つ通貨の情報
Photo credit: Tax Credits via Flickr CC

Photo credit: Tax Credits via Flickr CC

こんにちは、Compathy Magazineライターの新田浩之です。

今回はベルギーの通貨に関する情報をお伝えします。ベルギーといえば、ヨーロッパの「首都」とも言えるブリュッセル。歴史を感じさせるアントワープ。ドイツと双璧を成すベルギービールなど、見所満載。楽しいベルギー旅行にするためにも、通貨の情報を知っておきましょう。

ベルギーの通貨とレートに関する情報

ベルギーの通貨はヨーロッパで広く使われているユーロ。レートは1ユーロ=122円((2016年4月16日時点)です。ユーロの紙幣は5ユーロ、10ユーロ、20ユーロ、50ユーロ、100ユーロ、200ユーロ、500ユーロの7種類、硬貨は1セント、2セント、5セント、10セント、20セント、50セント、1ユーロ、2ユーロの8種類があります。セントはユーロの補助通貨で、1ユーロ=100セントになります。

両替はどこでするの?

ユーロへの両替は両替所、空港、駅、一部のホテルで可能です。ただ、銀行での両替が一番お得なので、空港での両替は最小限に留めておきましょう。確かにブリュッセル市内には両替所も多くありますが、レートが悪く手数料が高いのです。なお、銀行は平日の9:00~15:30まで。一部の銀行は、土曜の午前中も空いています。
Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅」

Photo credit: Asami Yamada「【絵本の世界ブルージュへ】チョコとビールを求めてベルギー日帰り1人旅

クレジットカードは使える?

ベルギーではクレジットカードがだいたいの場所で使えます。VISAやMASTARカードが一般的です。また、ATMでクレジットカードを使ったキャッシングサービスも可能。現金が足りなくなっても安心ですね。クレジットカードを使用する場合は、必ず裏面にサインをしておきましょう。そして、クレジットカードを使用する場合、暗証番号を求められます。出発前に暗証番号を事前に確認しておきましょう。

ベルギーでの知られざるチップ事情

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy