体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人生の岐路は29歳。「生きるために本当に必要なこと」は全て旅が教えてくれた

人生の岐路は29歳。「生きるために本当に必要なこと」は全て旅が教えてくれた

誰にでも人生があり、それぞれの人生にドラマがありますよね。

私は、周りの友達はどんどん結婚して子育てを始めている中、会社と家を往復する仕事中心の生活を送っていました。

仕事は楽しいけれど、一生このルーティーンでいいのかと疑問に思い、三十路前に思い切って会社を辞めて旅に出ました。

今回は、そんな三十路直前の女が自分の人生と向き合うために行動した旅で感じることができた「生きるために本当に必要なこと」のお話をしたいと思います。

 

旅に出る前の暮らし

shutterstock_255437035

photo by Shutterstock

私は貧乏でも金持ちでもない普通の家で育ち、当たり前のように大学進学をして、普通に社会人になりました。

社会人になるとあっという間に時が経ち、気づいた時には29歳になっていました。

 

周りは結婚・出産ラッシュの真っ最中。親からは結婚は考えていないのかと問われる日々。

結婚という考えがないわけではなかったけれど、相手もいないし…。
会社での自分の立場や責任もありました。

自分が稼いだお金を自由に使えるという独身生活に満足さえしていたと思います。

 

でも、一生この生活でいいのか? 30歳になる前に自分を変えたい。

思い切って会社を辞めて旅に出ました。

 

人の繋がりの大切さ

16459588351_2f78a05df2_z

photo by Isaac Burrier

ひとり旅をしていると、必ず誰かに聞かなければわからないという場面に何度も遭遇しました。

今までの人生で一番、「今日という日を生きる」ということに必死になっていたと思います。

 

でも、どんなピンチな状況でもなんとかなりました。

そして、そのほとんどは人に助けられました。

旅中、船の出港が5時間遅れて街まで行くバスがなくなってしまい途方に暮れていた時、優しいおじさんが港から車で30分以上かかる街まで無料で送ってくれました。

ある国では、ホステルのオーナーが滞在中常に私を気にかけて色んな場所に連れていってくれました。

shutterstock_369906311

photo by shutterstock

人から沢山の優しさを貰いました。

SNSにコメントをくれる日本の家族や仲間のメッセージにも何度も助けられ、遠く離れていたからこそ、繋がっているんだということを強く感じられた時間でした。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。