ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タトゥーでタトゥーを消すという発想。シンガポール発、大胆すぎる「ブラックアウト」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんです。信じられる?

洋服を着ているような
真っ黒ベタ塗りタトゥー

言うまでもなく、これはペインティングではなく皮膚に直接彫り込んだ本物のそれ。シンガポールのタトゥーアーティストChester Lee氏による「Blackout(ブラックアウト)」が、いま世界中のタトゥーユーザーから注目を集めています。

さらに、ただベタ塗りをしている訳ではありません。一様に美しくデザインされたものなのですが、私たちのよく知るカラフルなデザインや文字をあしらったものとはまったく異なる意匠、ですよね?

じゃあ、ポイントやアクセントとしてのデザインとは一線を画す、このビジュアルインパクト大なブラックアウトが、新たなタトゥーのトレンドになるってこと?

目的は、タトゥーで
タトゥーを隠すこと

じつは、この黒ベタ。オシャレ目的のほかに、もうひとつ大事な役割があるんだとか。上の写真の女性の肩口から背中にかけて、よく見れば、タトゥーのからブラックアウトを新たに施しているのが分かります。そう、これまで身に着けてきたデザインに飽きてしまったり、やむを得ない理由でそれを消したい人たちが、タトゥーを見えなく(ブラックアウト)させることが真の目的なんです。





高額なレーザー処置でタトゥーを消すのではなく、それを覆い隠すために真っ黒にしてしまうとは。タトゥーをカルチャーやおしゃれと受け止めるには、いまだ寛容とは言い切れない日本人からしてみれば、きっと驚きが先にあるのでは?

Licensed material used with permission by Chester Lee,Oracle tattoo Singapore,oddtattooer

関連記事リンク(外部サイト)

「愛はフクザツ。IKEAはシンプル」。クスッと笑っちゃうかわいいイラスト広告が話題に
街中にペタっ!謎のアーティストが「ふせん」に描く、背中を押されるメッセージ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。