ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真水で発電・点灯!世界初の新技術が使われた「Powercanister」がスゴ過ぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

以前、“塩水で発電するLEDランプ”「SALt」を紹介した。このように、自然にあるものを活用したクリーンエネルギーに近年注目が集まっている。

・世界初!真水で発電するジェネレーター

塩水は海の近くにしかないが、世界初となる普通の真水で発電できるジェネレーター「Powercanister」が開発中で、小型のデバイスなら充電が可能だという。

開発チームは、電気エンジニア、科学者、マーケティング専門家で構成されていて、一丸となって技術開発に取り組んでいる。

・コンセントがない場所、未発達の地域でも電気機器が使える

真水を利用できるということは、家庭の水道や川、湖など、真水があるところならどこででも、発電をおこなうことができるようになるということだ。

特別な発電機器は不要、コンセントがない場所や、電気が通っていない遠隔地や発展途上国において、電気機器を使ったり、灯りを使えるようになるという絶大なメリットをもたらす。

発電過程の詳細など、技術の詳しい内容は明かされていないものの、発電技術の常識を大きく変える可能性を秘めたこの技術。今、市場化させるために、チームではクラウドファンディングサイトIndiegogoで、出資募集をスタートしている。

・出資プランは4タイプ

出資プランはいくつか用意されていて、1つめは「Powercanister」1点のタイプ。49ドル(約5400円)+配送料金。「Powercanister」は箱型のプラスチックケースのような形状をしていて、水を中に注ぐとやがて発電が始まり、その様子は内部のライトが点灯することで確認できる。非常灯や夜間のライトに使ってもよさそうだ。カラーはランダムで決められる。

2つめは「DIYキット」タイプ。自分で組み立てて、水発電のLEDデバイスをつくれる。必要な部品、製作手順はすべて同梱されている。価格は24ドル(約2600円)+配送料金。

3つめは「Powercanister Candle」タイプ。小さなガラスのLEDキャンドルで、赤と黄色から好きなカラーを選べる。価格は30ドル(約3300円)+配送料金。

4つめは「Powercanister Lantern」タイプ。実は各「Powercanister」はスタックして重ねることが可能。好きなカラーの3個と、持ち歩き用のストラップが付いている。キャンプやBBQなどのアウトドアに持っていくのにピッタリ。価格は150ドル(約1万6600円)+配送料金。

それぞれ、順調にいけば今年10月に提供開始を予定している。

Powercanister

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP