体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

国内、海外から豪華アーティストが集結した『HiGH&LOW』ベスト盤リリース決定

世界初の総合エンタテインメント・プロジェクト『HiGH & LOW』。迫力の映像をより一層盛り上げる楽曲たちがすべて収録される『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』のリリースが決定した。
アルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』ロゴ (okmusic UP's)
注目の発表はHiGH&LOWプロジェクトの豪快さそのままに、いま最も勢いのある三代目 J Soul Brothers、中高生から大人気のGENERATIONSというEXILE TRIBEの2グループが新曲MVを同時公開するという豪快な発表となり、アルバムへの期待感を募らせるばかりだ。

1曲目は三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの新曲「MUGEN ROAD」。当初から劇中歌の中でも最も人気で高く、最新アルバム「THE JSB LEGACY」が爆発的セールスを記録している今人気絶頂アーティスト待望の最新MV公開となった。

その注目の映像は、三代目 J Soul Brothersのパフォーマンスシーンとアクションシーンが融合した迫力のMVに仕上がっている。HiGH&LOWの物語では、未だ描かれることのなかったコブラ(岩田剛典)率いる「山王連合会」と日向(林遣都)ら「達磨一家」の因縁の発端となるムゲンと九龍グループ傘下「日向一家」との死闘を収録。

卑劣にも武器を用いて戦う日向一家に、素手で立ち向かうAKIRA(EXILE)、青柳翔(劇団EXILE)、岩田剛典(EXILE、三代目 J Soul Brothers)鈴木伸之(劇団EXILE)らの迫力あふれるアクションはファンならずとも興奮必至の内容となっている。実際にプロ格闘家として現役で活躍する髙谷裕之、岡見勇信の鬼気迫るファイトは格闘ファンにも必見だ。

2曲目のMVは、只今、全国アリーナツアーが開催中で同世代や中高生から圧倒的に支持を得ているGENERATIONS from EXILE TRIBEによる新曲「RUN THIS TOWN」。この楽曲は彼らの魅力が発揮されたスピード感溢れるダンス・ナンバーに仕上がっていて、ドラマでも大注目されたRUDE BOYSのアクションシーンとともにGENERATIONSの魅力が発揮されている。

そのアクションシーンは近年日本でも注目されている壁や地形を走る、跳ぶ、登るなど人間の身体能力をフルに発揮した移動芸術とも言われるフランス発祥の「パルクール」。中でも日本を代表し全米大会で優勝するなど世界トップクラスのパルクールパフォーマー「ZEN」によるノースタントのアクションは見るものを驚愕させることは間違いない。このアクションシーンにはGENERATIONSメンバーの佐野玲於も「RUDE BOYS」の「タケシ」役として出演しておりそちらも注目だ。

『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』は、ドラマ、映画をより一層盛り上げる楽曲がすべて収録される。超豪華アーティストらによって『HiGH&LOW』のために書き下ろされた新曲は、どの楽曲もコンセプトを色濃く反映し、登場する人物やシーンをより印象的に彩り際立たせている。参加アーティストも国内、海外から豪華アーティストが参加した。国内からはEXILE TRIBEアーティストからTHE SECOND from EXILE、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE、GENERATIONS from EXILE TRIBE、E-girls、ACE OF SPADES、PKCZR、DOBERMAN INFINITY他、海外からは 三代目 J Soul Brothers「Summer Madness」(第48回日本有線対象受賞曲)をプロデュースした「Afrojack」が再び「Mighty Warriors」の楽曲をプロデュース、他にもBIGBANGからV.I、Billborad TOPチャートNo.1獲得HIP-HOPユニット「Far East Movement」がゲストで参加が決定!  まさにオールスターな豪華アーティストが集結し、大注目のラインナップとなっている。

音楽的にも十分に楽しめることが期待されるこのアルバムだが、『HiGH&LOW』の世界をすべて音楽、映像で体感することができるこのアルバムを聴き込めば映画もライブも、さらに楽しめることは間違いない必聴の一枚となるだろう。このアルバムでしか手に入らない楽曲、映像が多数収録されすべて初収録(音源の一部除く)となる『HiGH&LOW ORIGINAL BEST ALBUM』は発売日となる6月15日に向けてさらなる今後の新たな情報から目が離せない存在だ!

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。