ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仮面ライダー主演俳優「必ず(借金を)お返しします」と土下座

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「必ずお返しします、必ずお返しします」──こう繰り返しながら公園で土下座するこの男、かつては「子供たちの憧れ」のスーパーヒーローだった。1980年放送の『仮面ライダースーパー1』で主演を務めた、俳優の高杉俊介(66)である。

 スーパー1は人造人間となった科学者・沖一也が「赤心少林拳」という拳法と勇気を武器に悪と闘うストーリー。ファンからは「アクションが歴代ライダーの中でも飛び抜けていた」と評される名シリーズだ。

 それから36年、ヒーローは金銭トラブルが原因で、女性ファンから懲らしめられる姿に“変身”してしまった。

 高杉はファンレターの送り主や、ファンクラブの会合で知り合った女性たちに「お金を貸してほしい」と頼み込み、合計5000万円以上を返済できない状態になっていたのだ。

 本誌・週刊ポストは「お金が戻ってこない」という被害者の告発を受け、昨年2月13日号で〈「仮面ライダー」主演俳優が女性ファンから「二股借金」5000万円大騒動〉と報じた。だが告発したAさんは、いまだに返済はなされていないと憤る。

「彼はポストの記事も“捏造だ!”と反論していました。それどころか連絡先を変えられて、音信不通になってしまったんです」

 そこでAさんは1月、同じ立場のファンに呼びかけて「被害者の会」を立ち上げ、4月にはメンバーの1人が裁判を起こした。

 高杉は裁判にも姿を現わさなかったが、裁判所で自宅の住所が分かったため、Aさんらは直接問い詰めるべく家に向かった。

「インターホンを押したら、『はい、どちらさまでしょうか~』って女性の声を装って出てきたんです! それでも、しつこくドアを叩いたらやっと出てきました」(同前)

 しぶしぶ出てきた高杉は「腰が痛くて……」と言い訳を繰り返すばかり。近所の公園に移動して話し合いを続けると、やがて高杉は自ら「必ずお返しします」と言って突然土下座し、「5月末日からお返ししていく」という誓約書を書いたのだという。それでもAさんは信用していない。

「私はこれまで2000万円以上踏み倒されてきた。『返す』といいながら、平気で嘘をつく人なので、和解や示談は考えていない。裁判で決着をつけます」

 高杉の家族を通じて本人にコメントを求めたが、期日までに回答は得られなかった。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
仮面ライダー主演俳優 女性ファンから二股借金5000万円騒動
『罪と罰』等名作の犯罪者を実際に裁判にかけたら…の解説書
日本の裁判制度の問題点を具体的に示し司法への疑問が湧く本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP