ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

胃腸を整えることで健康に加え運気の底上げにつながる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 経済的に恵まれず、精神的なストレスが多いという状況に陥ってしまったら、まず胃腸を整えることが重要だと言うのは風水建築デザイナーの直居由美里さん。具体的なポイントを教えてもらった。

 * * *
 新年度からの環境の変化にうまく適応している人もいれば、緊張が続いているという人もいるでしょう。

 ストレスや疲労がたまると胃腸にダメージが出ます。「心労で胃が痛くなる」という言葉もある通り、胃腸は精神的な影響を最も受けやすいデリケートな器官です。神経性の大腸炎で通勤途中、一駅ごとにトイレに駆け込むようになり会社に行けなくなったというケースもあるほどです。

「腹が立つ」「腹黒い」「腹が座った人」という表現からは、胃腸は人間の感情や生き方とストレートにつながっていることが感じられます。

 一方、風水の基本原理である陰陽五行は中医学にも通じます。胃腸を司るのは木火土金水の五行のうち土です。

 木火土金水の五行のうち、最も位が高いのは土です。農耕社会である古代中国では、万物を育てる土は尊い存在だと考えられていたからです。九星気学でも、盤の中央は帝王の星である五黄土星の場所とされています。

 そして、大地が財を生み出すことから、金運も土行が司ります。土行を象徴する色は黄色で、風水で金運を上げるために黄色が用いられることが多いのはこのためです。

 経済的に恵まれず、精神的なストレスが多いという状況に陥ってしまったら、まず胃腸を整えることから始めましょう。

 腸は食物から栄養を摂り込み、血液を通して体のすみずみまで行き渡らせます。腸内環境が悪いと便秘ぎみになったり、脂肪が蓄積され肥満の原因となります。これは、お金の循環が滞った状態を象徴しています。

 胃腸が正常に働くようになれば、気力も出て、運気回復へとつながる道が見えてきます。金運が好調な人は、食生活でもバランスよく栄養を摂取し、健康的な体形を維持しているものです。

 胃腸の調子が悪い時は、みそ、ヨーグルト、チーズ、納豆、ぬか漬け、キムチなどを積極的に摂りたいもの。これらは五黄土星のラッキーフードですが、五黄土星が象徴するのは腐葉土。

 栄養価を多く含む豊穣な大地ですが、腐敗という意味もあります。五黄土星が帝王として恐れられているのも、新しいものを生み出す一方で、すべてを腐らせ無価値にしてしまう側面もあるからです。

 体内に摂り込まれた栄養も、本来なら体や頭を動かすエネルギーとなるのに、無駄にため込まれて便秘や肥満を引き起こすのは、五黄土星のネガティブな作用そのものです。食材と同時に、調理道具や食器にも目を向けましょう。

 焦げつきやサビのある鍋では、料理に良い気が回らず、金運の低下を招きます。鍋やフライパンはいつもきれいに磨いておきましょう。やかんも出しっ放しにしておくと調理の油が跳ねて、汚れが取りにくくなります。せっかくお茶を楽しむのに、汚れたやかんでは台無しです。

 陶器は土からできていますから、五行では土のパワーを持ちます。欠けた食器を使うのは絶対に避けましょう。風水では、壊れたものは生命力を失っているとみなし、邪気の源です。健康的で良質な食材でも、欠けた食器ではわびしい気持ちになります。きちんと修理するか、新しいものに買い替えてください。

 客用に高価な食器をしまい込み、安っぽいお茶碗や湯のみで食事を済ませている人もいます。これもお金の使い方としては感心しません。毎日使うものだからこそ、手にするたびに心が満たされるような食器を選びたいものです。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
“180年に1度の年”の今年 ラッキーナンバーで金運UP術
風水建築・直居由美里さん 自宅の運気高めるポイントを紹介
節分までに家の東と南にある不用品捨てれば運開けると専門家

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP