ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロが選んだ「自分の親に薦めたい老人ホーム」関東ベスト3

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 全国に老人ホームは多数あるが、どんな施設を選べばよいのか。週刊ポスト5月6・13日号では『この「老人ホーム」がすごい! 厳選ランキング関東・関西&東海250』を発表している。

 今回のランキングは、利用者と施設の橋渡し役となる「紹介業者相談員」の投票をもとに作成した。近年、老人ホーム紹介業は急拡大している。医療費削減のため、国は長期入院用の病床を削減する方針を打ち出しているが、「退院しても在宅で暮らすのが難しいケース」が少なくない。そうした人たちの悩みや要望を聞き、一人ひとりに適した施設を提案するのが紹介業者相談員の仕事だ。

 相談員たちは、毎日のようにホームを訪問して回り、各施設の情報を集めている。いわば「施設選びのプロ」だ。そうした相談員84人が、「自分の親に薦めたい老人ホーム(介護付き有料老人ホーム)」を選んで投票し、その結果をランキング化した(ポイントは独自基準)。関東のベスト3を以下に挙げよう。

【1位】チャームスイート 新宿戸山
・入居一時金:0~960万円
・月額利用料:21.42万円~37.42万円
・所在地:東京都新宿区新宿
・入居定員:90人
・入居率:33.00%
・看護・介護体制(職員一人あたりの利用者数):2.5人
・ベテラン職員比率:23.50%
・看取り:あり

 地下鉄・東新宿駅から徒歩3分、落ち着いた住宅街に立地するのがランキング1位となった「チャームスイート新宿戸山」だ。施設に入るとまず、新緑豊かな中庭を見通せるエントランスホールがある。吹き抜け構造になっているため、外から建物を見た印象よりもかなり広々と感じられる。

 周囲に高い建物が少なく、5階のダイニングからはスカイツリーが一望できる。80代の女性入居者は「食事は美味しくてバランスがいいし、それを5階の見晴らしのいい席で食べられるのが毎日の楽しみ」と語った。

 コンシェルジュと呼ばれる女性スタッフが都内の系列施設を巡回し、利用者の話し相手や相談役を務めるとともに、現場スタッフの指導や清掃・衛生面の品質管理を行なう。文藏誠二・ホーム長の説明。

「入居者やご家族の方からご好評をいただいているポイントとしては、まず新宿からすぐの場所にあるという利便性です。ご家族の職場が新宿で、『いつでも会えるから』という理由で入居を決めた方もいらっしゃいます。昨年9月にオープンしたばかりですが、おかげさまでキャンセル待ちの状態になっています(上掲の『入居率33.00%』という数字は『厚生労働省 介護サービス情報公開システム』に掲載された昨年10月時点の数字)。

 また、費用もできるだけ安く抑えるようにしており、コストパフォーマンスの面でもご好評をいただいています」

【2位】マザアス南柏
・入居一時金:0~3160万円
・月額利用料:19.3万円~34.5万円
・所在地:千葉県流山市向小金
・入居定員:105人
・入居率:92.00%
・看護・介護体制(職員一人あたりの利用者数):1.2人
・ベテラン職員比率:57.80%
・看取り:あり

 高級旅館を思わせる落ち着いたエントランスロビー。大きな窓から陽光が入る。相談員たちは選んだ理由として、「介護・看護スタッフの人員配置が県内トップクラスの手厚さ」「介護ヘルパーさんの人数が圧倒的に多く、ほぼマンツーマンの対応が可能」「クリニックが併設され、看取りの実績も評価できる。副支配人が『認知症看護認定看護師』なのも心強い」といった点を挙げる。

 宮川秀一・支配人はこういう。

「認知症介護のノウハウを蓄積してきたので、接し方や人員配置には気を配っています。症状が進んで行き場のなかった方が、当施設にいらして落ち着いたというケースもあります。また、葬儀ができるチャペルもあり、毎年20人ほどが、住み慣れたこの施設で最期をお迎えになっています」

【3位】ツクイ・サンシャイン成城
・入居一時金:0~1800万円
・月額利用料:21.5万円~39.5万円
・所在地:東京都世田谷区上祖師谷
・入居定員:125人
・入居率:88.80%
・看護・介護体制(職員一人あたりの利用者数):2人
・ベテラン職員比率:0%
・看取り:あり

 周囲には敷地の広い一戸建てが多く、小川の流れる緑豊かな公園も近くにある。

 相談員たちが評価したのは、「介護医療体制が手厚い。機能訓練も充実」「駅からの距離は少々難だが送迎バスを運営している。施設内はとてもきれいでホテルのよう」「きれいな内装や設備・機器の充実度が高く、可能な限り入居者一人ひとりに対して個別に対応する。また食事の美味しさ・メニューの多さも魅力」といった点だ。施設長・吉村大輝氏に聞いた。

「平日のランチは10種類のメニューから選べるなど、食事には力を入れています。嚥下障害があっても安心して食べられるよう、食事介助にも力を入れています。外部の先生を呼んだ音楽療法などクラブ活動も盛んで、麻雀クラブには女性も多く参加しています」

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
「高齢者施設」の主な種類と概要 サ高住等5種の施設の違い
有料老人ホーム契約解除 たった1か月で800万円失った例も
費用トラブル続出の介護施設 入居利用料の基本をおさえろ!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP