ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】マイケル・キートンがマクドナルド帝国を築く映画『The Founder(原題)』のトレーラーが公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「マクドナルドはアメリカの新しい教会になる。しかも、日曜日以外もやってるんだ」。
映画『The Founder(原題)』の初トレーラーの中で、マイケル・キートン演じる新キャラクターが胸を張る。

本作品は、ミルクシェイク製造機のセールスマンからファーストフード帝国のオーナーに上り詰めたレイ・クロックの生きざまを追う。彼はマクドナルド・チェーンを10億ドルのビジネスに育て上げ、世界で最もパワフルな有名ブランドにした。

クロックは、1954年にマック・マクドナルド(ジョン・キャロル・リンチ)とディック・マクドナルド(ニック・オファーマン)兄弟の下で、フランチャイズ・エージェントとして働き始める。兄弟によって開発された、ハンバーガーをいち早く提供するシステムに感動し、そこにフランチャイズ・ビジネスの可能性を見出す。そして彼は、1961年に兄弟のチェーンを270万ドルで買い取った。

「成功のカギは何かだって? 根気さ」と、トレーラーの中でクロックは語る。

監督はジョン・リー・ハンコック。デヴィッド・フィンチャー監督による映画『ソーシャル・ネットワーク』にもなぞらえられる本作品には、リンダ・カーデリーニ、ローラ・ダーン、B・J・ノヴァクらも出演する。

脚本はロバート・シーゲル。ドン・ハンドフィールド、カレン・ランダー、ジェレミー・レナー、アーロン・リダートらがプロデュースを担当する。早くも巷では賞レースへの期待がささやかれ始めている。

ワインスタイン・カンパニーは最近、本作品の公開日を11月25日から8月4日に変更した。

公開日変更を伝える際に、同カンパニーのチーフであるハーヴェイ・ワインスタインは「本作品は私が手掛けてきた作品の中で、最も大きな話題を集めている作品の1つです。皆さんに受け入れられる喜びを感じています」と述べた。

「この夏、レイ・クロックの物語は大人の視聴者に火をつけるに違いありません。あのジョン・リー・ハンコックとマイケル・キートンが、ドルビー・シアターに戻ってくるんですから」(ワインスタイン)。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP