ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アノ時期はお腹がポッコリ出ていても、気にしすぎてはNG!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


生理前の2週間くらいは、女性ホルモンのバランスが変化することで、頭痛や眠気、肌荒れ、便秘、下痢、倦怠感、むくみ、体重増加など、様々な不調に悩まされやすくなります。特に「お腹のポッコリ」は見た目はっきりと現れるし、服がキツくなってしまうし、とても苦しいですよね・・・!

生理前は「お腹がポッコリ出やすい」時期なんです。

生理前には、腸内にガスが溜まったり、便秘になったりしやすい時期。身体を“赤ちゃんを守ることができる”状態にするために「黄体ホルモン」が分泌され、水分や栄養素を体内にため込むようにはたらきます。すると、むくみや便秘を招き、“お腹がポッコリ”状態に発展してしまうのです。


妊娠に備えた体内の準備ですから、ある程度は仕方がないもの。無理やり「なんとかしよう」とやっきになると、ストレスが溜まって不調を悪化させてしまいます。少しでも不調を和らげて被害を小さくするために、次の5つの生活の工夫を取り入れ、ゆったりとした気持ちで過ごしましょう。

生理前のポッコリお腹を予防する、5つの生活の工夫

1.水分を補給する
水分を溜め込みやすい時期だからといって、水分補給を控えると体液循環が滞り、むくみを悪化させてしまいます。普段と同様に、水分補給を欠かさないようにしましょう。

2.整腸作用の期待できる食べ物を積極的に食べる
納豆やヨーグルトなどの発酵食品や、食物繊維が豊富な野菜やきのこ、海藻類を積極的に食べましょう。腸のはたらきを高め、便秘を改善しやすくなります。


3.「太ってしまうから」と食事を抜かない
栄養バランスが乱れると、代謝が低下して余計に便秘やむくみを招きやすくなります。生理前は“溜め込み期”ですから、体重も増えるのが自然。いつもと同じ食事量ならば、生理が終わると自然と体重も元に戻ります。不安になって食事を抜くのではなく、バランスを整えて代謝を高めるようにしましょう。

4.軽い運動をする
全身を大きく動かす運動は、腸を刺激する効果や体液循環をスムーズにする効果が期待でき、むくみや便秘の改善に適しています。ストレッチや散歩など、負担のかからない運動を行って、身体を動かしましょう。

5.服装で締め付けない
ぽっこり出ているお腹が恥ずかしいからと、服で締め付けるのもNG。ボディラインの出る服はさけ、ゆったり包み込む服装をチョイスしましょう。気にしすぎてストレスを溜めるのも防ぎやすいですよ。


生理前の“不調期”に、ダイエットにストイックになってはNG。心も身体もゆったり、リラックスできるように整えてあげましょう。美活を頑張りすぎない時期も、大切ですよ。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

くすみを根本的に見直したい!美肌を取り戻す方法を徹底解説。【角質肥厚型編】
○○を揉むだけ!バストアップと二の腕痩せが実現!?
ストレッチのダイエット効果を、ぐーんとアップさせる3つのポイント
体を「ねじる」とこんなに嬉しい効果が!【引き締め・肩こり・腰痛予防】
肌のごわつきは老けの元凶!解消する方法4つ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP