ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

高級美容液よりも効果抜群!美肌を保つ3つの習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


「肌を若々しく保つためには、高価な美容液を使わなくては」と思っていませんか?肌は栄養を吸収する器官ではありませんから、外側からのケアだけでは限界があります。内側からのアプローチを取り入れることで、ずっと美肌をキープしやすくなりますよ。今回は、美肌を保つ効果が期待できる、3つの習慣をご紹介します。

1.栄養チャージ

肌の材料は食事で取り入れた栄養素。これがなければ、いくら外側からのケアを行ってもその場しのぎになってしまいます。

肌の材料であるたんぱく質や、消化・吸収のはたらきを高めて代謝をよくするビタミン・ミネラルは美肌づくりに欠かせません。野菜や果物、肉、魚などをしっかり食べましょう。また、良質な脂質も肌の潤いをキープするために重要ですよ。

食べ過ぎはカロリーオーバーのもとですが、美肌のためにも、ダイエットを成功させるためにも、栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。

2.運動

透明感や弾力、潤いのある若々しい肌をキープするためには、血液中の栄養素や血液のめぐりの良さ、老廃物を排出するリンパ液のめぐりの良さが必要です。運動には、全身を大きく動かすことで体液循環をスムーズにし、隅々まで栄養素を行きわたらせるようにする効果が期待できます。

3.マッサージ

体液循環をよりスムーズにし、栄養素のめぐりと老廃物の排出をサポートするのがマッサージ。入浴中や、朝メイクをする前などにマッサージを行うことで、小顔効果や血色を良くする効果、肌のターンオーバー(再生)を促す効果が期待できます。

化粧水や美容液をつける際についでにフェイスラインを撫でたり、むにむにと柔らかくなるように揉み込んだりするだけでもマッサージ効果が期待できますよ。


美肌は1日にしてならず。肌の質も、ボディラインも、食べたものや過ごし方が現れています。「なんだか最近肌トラブルが多い」と感じたら、ぜひ生活習慣を見直して、美肌を育てる3つの習慣を実践してみてくださいね。

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

くすみを根本的に見直したい!美肌を取り戻す方法を徹底解説。【血行不良型編】
しなやかな身体に!ジャイロキネシス流☆ファッションポイント~服の選び方編~
真の美しさに導く、イメージコンサルタント!トータルイメージを上げる診断とは
【紅たき占星】好むネイルでみる、引き寄せやすい男性のタイプ
女性ホルモンを利用して痩せる!リバウンドなしダイエット!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP