ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

新しい食事療法「クリーンイーティング」。無理せず取り入れるオススメの方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


健康のためにより食事について考える人が増え、さまざまな健康食や食事療法が出ています。その中で「クリーンイーティング」という食事法がアメリカで着目され、日本でも取り入れる方が増えてきています。今回は、そんな「クリーンイーティング」を無理せず自分に合った方法で始めるためのコツをご紹介。健康な食事をライフスタイルにとり入れた先駆けで、「クレンジングカフェ代官山ハウス」さんにお話しを伺いました。

「クリーンイーティング」とは?

クリーンイーティング?また新しい食材?新しいスーパーフード?などと思う方もいると思います。「クリーンイーティング」=「Clean Eating」であり、1960年代くらいからアメリカで生まれた食事法です。


●オーガニックのものを食べる
●添加物の多く含まれた加工食品は食べない
●白砂糖や小麦粉のような精製品を使わない
●カフェインを含むもの、アルコール類を避ける
●水分を多く摂る

上記のような、ナチュラル志向を強く取り入れた食事法です。添加物を排除し、自然に近い良質な食事で、健康へ導くライフスタイルのことを総称して「クリーンイーティング」と言います。日本でもここ数年はこういった意識をもって食を楽しむ方も増えてきていますね。

どんな人におすすめ?

近年、さまざまなダイエット方法や食事療法が推奨されていますが、過度に取り入れすぎることによって、逆に身体を壊してしまうという事例などもあります。無理をして続けていくことが身体にも心にも一番悪いのです。


「身体を壊しては意味がない」ということで、ストレスなく無理をしないで美味しく、生活の一部として上手く取り入れていくことをおすすめしています。

忙しい人ほど食事をゆっくり摂る時間もなく、食生活も乱れがちです。いつでも摂取できるよう持ち歩けて、生活に自然と取り入れられることを重視しているので、自分のライフスタイルに合った方法をみつけていくことも「クリーンイーティング」の魅力のひとつだそう。

「クリーンイーティング」の効果は?

「クリーンイーティング」は過度に行うものではないので、その効果は穏やか。取り入れ方によっても個人差はありますが、主に下記のような効果が期待されています。


●免疫力アップ
自然のままで添加物を含まない、健康的でクリーンな食生活を送ると、免疫力アップにも高血圧やがん・生活習慣病などの病気の予防にもなります。

●美肌効果
ビタミン・ミネラルが豊富な野菜やフルーツを食べるので、体調はもちろんのこと、お肌も美しくなる効果が期待できます。

●痩せやすい体質に
腸の働きも活発になることで、もちろんダイエット効果も期待できます。ミランダ・カーは「クリーンイーティング」をすることで、ジャンクフードが食べたいという欲望はなくなったと語っているそうです。

●エネルギーを効果的に補給する
疲れた時には甘いものを食べる方もいますが、血糖値を一時的にアップしても実はあまり意味はなく、「クリーンイーティング」な食事をしたほうが、長期的に考えてエネルギーを高められます。良質な睡眠ができるようになり、疲労回復も早くなるそうです。血糖値も安定するので、糖分を取りたいという欲求が抑えられ、精神的な面で安定し、空腹感も感じづらくなります。

「クリーンイーティング」を続けるコツ


そんな「クリーンイーティング」を厳密に実践するには、正直なところお金(オーガニック食品は割高なため)も時間(基本的に手作りになるため)もかかってしまいます。ですが、身体に良いものを摂るということは、健康キープにはかかせないものです。そのため、負担なくできる可能な範囲で取り入れてみるのはいかがでしょう。きっかけづくりとして、

●絶食(ファスティング)
●無添加で、良質なものを食べるように意識して生活する

など、まずは簡単に取り入れてみることが大切です。

おわりに

いかがですか?さまざまな食事療法や流行りの食べ物がありますが、まずは、ストレスなく楽しく続けていくことが大切です。普段の生活に少しだけ「クリーンイーティング」をとり入れてはいかがでしょうか?

Photo by fotolia

関連記事リンク(外部サイト)

高級美容液よりも効果抜群!美肌を保つ3つの習慣
くすみを根本的に見直したい!美肌を取り戻す方法を徹底解説。【血行不良型編】
しなやかな身体に!ジャイロキネシス流☆ファッションポイント~服の選び方編~
真の美しさに導く、イメージコンサルタント!トータルイメージを上げる診断とは
【紅たき占星】好むネイルでみる、引き寄せやすい男性のタイプ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
美LAB.の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP