ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ハズブロ・シネマティック・ユニバースがライターズ・ルームを結成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米パラマウント・ピクチャーズと玩具メーカーのハズブロ社は、ハズブロ社が所有するプロパティであるシネマティック・ユニバースの世界を発展させるため、ライターズ・ルームを設立した。脚本家でプロデューサーでもあるアキヴァ・ゴールズマンが、ライターズ・ルームの監修をおこなう。

フィーチャーされるブランドには、『G.I.ジョー』、『マイクロノーツ』、『ヴィジョナリーズ』、『M.A.S.K.』、『ロム』が含まれる。

ライターズ・ルームに参加する脚本家は、リンジー・ビア(映画『 The Wizard Of Oz(原題)』)、マイケル・シェイボン(小説『カヴァリエ&クレイの驚くべき冒険』)、チェオ・コーカー(テレビシリーズ『レイ・ドノヴァン ザ・フィクサー』)、ジョナサン・ゴールドスタインとジョン・フランシス・デイリー(映画『Spider-Man: Homecoming(原題)』)、ジョー・ロバート・コール(映画『Black Panther(原題)』)、ニコール・パールマン(映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)、ジェフ・ピンクナー(映画『The Dark Tower(原題)』、ニコール・リエゲル(テレビシリーズ『Soldier Girls(原題)』)、ジェニーヴァ・ロバートソン(映画『トゥームレイダー』)、ブライアン・K・ヴォーン(テレビシリーズ『LOST』)という顔ぶれだ。

米パラマウント・ピクチャーズの取締役会長兼CEOであるブラッド・グレイは、「弊社とハズブロ社は、過去に映画『トランスフォーマー』、映画『G.I.ジョー』シリーズを含めた様々な作品でパートナーとして成功を収めてきました」と語り、続けて、「ライターズ・ルームの才能を共にまとめていくことは我々のパートナーシップにとって思い切った手段です。我々は、これらのブランドを将来、新しく成功するシリーズにしていくために重要なことだと信じています」と、述べた。

ハズブロ社の映画レーベルであるオールスパーク・ピクチャーズは、取締役会長兼CEOのブライアン・ゴールドナーとステファン・デイビスをプロデューサー、ジョシュ・フェルドマンを共同エグゼクティヴ・プロデューサーとして、プロパティが交差するシネマティック・ユニバースに基づく映画作品群をプロデュースする計画だ。ハズブロ社はまた、ゴールズマンと脚本家たちが全く新しいシネマティック・ユニバースを視覚化するのを手助けするため、トップアーティストとデザイナーによる過去に例のないチームも展開していく。

このニュースは、ハリウッド・リポーターが最初に記事にした。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP