ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界の美しさをもっと身近に!旅するアーティスト4人の活動とは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界には自分の旅を様々な形で表現する人々が居ます。ブログ・ダンス・動画・スケッチなど、人によって形は異なりますが、世界の素晴らしさを伝えたい!という気持ちは皆同じです。

そこで、世界中を旅しながら活動しているアーティスト4名をご紹介したいと思います。

 

グラフィックアーティスト「松田光一」

和歌山県出身のグラフィックデザイナー、松田光一さん。小さい頃から絵を描くことが好きだった事から、大阪芸術大学に入学。

その後、世界遺産をモチーフにしたアート作品を生み出し、2010年には「WORLD HERITAGE ART」(世界遺産アート)というブランドを立ち上げました。

グラフィックデザインの他にも、キャラクターデザイン・プロダクト企画・WEBサービスなど幅広く活躍中。スケッチとグラフィックの両方を使って作り出す、カラフルな作品は女性を中心に人気を得ています。

現在、株式会社IDEALIDEA Inc 代表。個展や講演を、全国で開催しています。

「WORLD HERITAGE ART公式ホームページはこちら」
「松田光一さんFacebookページはこちら」

そんな松田さんがデザインしたポストカードが、PAS-POLから登場しました。旅するアーティストとのコラボレーションは、初アイテムとなります。

種類は全部で16種。あなたのお気に入りを見つけてみて下さいね♪

アンコールワット/カンボジア

イスタンブール/トルコ

All photo by PAS-POL

ご購入はこちらから「PAS-POL公式オンラインショップ」

 

アーティスト「AYUMI」

photo by Ayumi

大阪生まれ。

世界各地、屋内外問わず、個展やライブペイントを行うアーティスト。

巨大壁画から様々な媒体へのデザイン制作など、活動の幅は多岐にわたる。

人の“中”に流れるものに、カタチと色を与え、そこに存在する静と動、陰と陽の世界を表現する画家。

見るものの深層心理に深く訴えかける。

作品はアクリル画を中心に、ステンドグラスと絵を融合させた作品など、 常に枠にはまらない独自のスタイルで制作しつづける。(引用:http://salon.io/AYUMI/about)

 

「AYUMIさん公式ホームページはこちら」
「Facebookページはこちら」

photo by Ayumi

絶大な人気を誇る、ボリビアのウユニ塩湖。鏡張りの姿は多くの人々を魅了しています。その他にも、ウユニに行ったら必ず立ち寄りたい「列車の墓場」というスポットを知っていますか?

1940年代まで実際に使われていた列車が、そのまま放置されています。今では風化した列車が良い雰囲気を演出しており、観光スポットとして有名になりました。

 

その列車に、ウユニ市長公認でペイントをするAYUMIさん。カラフルな色使いの絵は、ウユニ塩湖の夕日と太陽を表しているそうです。

ウユニに行った際には、是非立ち寄ってみて下さい!

photo by Ayumi

photo by Ayumi

 

映像作家「旅する鈴木」

結婚して1年と少し。ずっと行きたかった世界一周へ、2011年10月、旅立ちました。世界を見なきゃ死ねないぜ、という変なこだわりのもとに、お互いに仕事を辞め、住民票を抜き、少ない貯金を使い果たす覚悟で成田空港へ向かいました。地球をぐるりと東回り。期間は2年。ダンナ31歳、ヨメ32歳の、いい歳になってしまった、二人の「鈴木」の旅を、このサイトでお届けします。(公式サイト:http://ryoseisuzuki.com/)

旅に出るにあたって、ひとつ決めごとをつくりました。”1日ひとつ、映像を作ってこのサイトにアップすること” です。はじめての旅に出るヨメは、ストーリーテーラーとして日本では味わえないような体験をし、ダンナはその貴重な体験をカメラにおさめます。旅の毎日を、多くのみなさんに、リアルに伝えられたら、そう思っています。

この世界に生まれて、それを歩き見て触れられることは、やっぱり最高に幸せです。生きて帰ること、最大限楽しむこと、多くのことを感じること。旅をして、なにか少しでも見つけられるものがあったら、嬉しいな。(引用:http://ryoseisuzuki.com/)

「鈴木さん公式サイトはこちら」
「Facebookページはこちら」

動画を見ていると、実際、その場所に立っているような錯覚に陥る鈴木さんの動画。ブログでは、この他にもたくさんの動画を載せているので、是非ご覧ください。

そんな鈴木さんが撮影したタイムラプスが、パラパラ漫画になりました!

ご購入はこちらから:「いろは出版オンラインショップ」

 

 

フォトグラファー「Nagi Yoshida」

photo by Nagi Yoshida

1986年生まれのフォトグラファー。小さい頃にテレビでマサイ族の姿を見て憧れを抱き、夢は「アフリカ人になること。」

肌の色が選べると信じて生きて来た10歳の時、両親に「あなたは日本人だから、アフリカ人にはなれない」と言われ大きなショックを受けるが、アフリカ人に対する憧れの気持ちは変わらず。

その後独学で写真を学び、23歳の時一人でアフリカに渡り、憧れのアフリカ人の写真を撮り始める。

現在もアフリカ人の面白さや、美しさを伝えるために、講演会などを積極的に行い、写真を撮り続けている。

「Nagi Yoshidaさん公式サイトはこちら」
「Facebookページはこちら」

photo by Nagi Yoshida

photo by Nagi Yoshida

世界中の裸族を撮り続けるヨシダナギさん。アフリカの裸族、スリ族を撮り下ろした写真集「SURI COLLECTION」が先日発売されました。

スリ族の写真を撮るために自ら裸になり、同じ格好になるという驚きの行動に今や注目を集めています。

ご購入はこちら:いろは出版オンラインショップ

 

旅するアーティスト

世界中を飛び回るアーティスト達。そこには、一人ひとりの様々な思いが作品に込められていると感じました。

そんなに素晴らしい作品があるのなら、なるべく多くの人に知って欲しい!そんな思いでPAS-POLから、世界遺産がカラフルなアートにアレンジされた、松田さんのポストカードが登場しました。

photo by PAS-POL

全国のロフト・東急ハンズ・ヴィレッジバンガードにて、発売されています。また、「近くにお店がない」「お店に行く時間が無い」という方は、PAS-POLのオンラインショップからでも、お買い求めいただけます。

ポストカードだけでなく、旅に出たくなるような商品をたくさんご用意していますので、是非ご覧ください!

関連記事リンク(外部サイト)

世界で活躍する日本人冒険家のブログ一覧
台湾の「虹の村(彩虹眷村)」が世界一カラフルでかわいい♡
3秒で出来る!「photo in photo」を上手に撮影する7つの方法
本好き必見!世界の美しい図書館7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP