ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

これは面白い!音の出るエアギター「AirJamz」がKickstarterに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エアギターとは、ご存知の通り、まるでギターを弾いているかのようなパフォーマンスをすること。バックに曲を流し、それに合わせて体を動かすだけなので、実際に演奏しているわけではない。

これで本当に演奏できたら、面白いのに!そんな願望をかなえるプロダクトが、エンタメ王国アメリカから誕生。動作に合わせて曲が飛び出す魔法の製品、「AirJamz」がKickstarterに登場した。

・アプリと連動して動きを感知

「AirJamz」の正体は、リストバンド型のウェアラブルデバイス。アプリと連動し、モーションセンサーで動きを感知。あたかもギターを弾いているかのような、パフォーマンスを実現する。

使い方は、簡単。リストバンドを装着し、オンにしたら、コンパニオンアプリを実行。お次は、リストの中から曲を選択して、スタートを押す。あとは好きなように動けばいいだけ。

ユーザーが止まると、演奏もストップ。ゆっくり動けば、曲も同じようにスローテンポに変化する。楽器を持たずに、究極のワンマンライブが楽しめるのだ。

・ジャムセッションもライブシーンの設定も思いのまま!

4人までなら、ジャムセッションもOK。各コードも思いのままだし、ライブ会場のように、観客の歓声や拍手も追加できる。見た目と裏腹に、かなり本格的な演奏披露が可能だから、イベントや飲み会でも大いに役立ちそうだ。

現時点ではまだ曲数が限られているが、正式発売までには増やしていく予定。プロジェクト公開は、5月19日まで。プレオーダーは、39ドル(約4,340円)から受け付けている。

AirJamz/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP