ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

夏に人気のバンダナ&デニムが、立体的なネイルになった?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

バンダナ&デニムネイルが立体的に!

前回コラムでは「バンダナ」ネイルと「デニム」ネイルをご紹介しました。
今回は、同じテーマをネイルオブジェで表現しました。
まずは「どうやって立体で表現しよう?」と考えて、バンダナはアクセサリーとして結んでいる状態、デニムはジーンズのポケット部分を切り取る形にすることで、ネイルのサイズにほどよく収まり、カワイイ感じに仕上がりました。
アクリルでバンダナやポケット部分を作り、凹凸を出してからジェルでカラーリングしています。
使用色は前回のペイントバージョンと全く同じにして、立体感を比較しやすくしました。

 

リアル感がハンパない!とことん本物にこだわったネイル

写真ではわかりづらいのですが、ジーンズのポケットは、付ける時に空間を作っているから、本当に少し開いてるんですよ!
バンダナも、本当に結んでから取り付けています。結んだ時の布のシワや、柄が寄っているところなども再現。ネイルからちょっと浮かせることで、より立体感も出しています。
ただ「立体的に作り込む」だけではなく、本当のモノと同じ作り方をすることで、よりリアル感がアップ! どこまで本物に近づけることができるか、が今回のネイルオブジェのポイントでもあります。

 

作ってみれば楽しさが分かる♪技術が広がるネイルオブジェ

ネイルオブジェは実用的なサロンアートとは別のジャンルですが、今回のデニムネイルくらいなら日常生活も可能ですし、表現の1つとして自由にフォルムを変えることができるので、作るのがとても楽しいです。
ネイル好きな方は一度挑戦してみると、自分の技術の幅を広げることができるのでおすすめですよ。
Cool NAILS make you smile!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP