ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウーマン村本の「熊本お笑いライブ計画」に賛成多数

DATE:
  • ガジェット通信を≫


お笑いコンビ・ウーマンラッシュアワーの村本大輔が、熊本地震の被災地で無料お笑いライブを開きたいとツイッターで発言し、ネット上で話題となっている。

【もっと大きな画像や図表を見る】

4月20日、村本はツイッターに、「5月6月で熊本の近くでライブやったらまだ、迷惑ですかねぇ、、」と、投稿。これに対し、熊本在住のツイッターユーザーが、「来て!来てください!」と反応すると、「もちろん無料でね。食べ物とかももっていくプラス漫才。ありがとう熊本の人」と、無料でのライブを考えていることを明かした。

そんな村本の計画に対し、熊本で被災したと思われるネットユーザーからは、

「あの、中央区で被災してますけど来てくれたらとても嬉しいです」
「迷惑じゃないと思います!ぜひ、ライブやってほしいです!心の底から笑いたいと思います!」
「家は壊れてるけど正直そればっかりで疲れてるので娯楽が欲しい思いっきり笑いたい。ただそれは私の気持ちです」

などと、大歓迎だというメッセージが多数寄せられた。

一方で被災地でのお笑いライブはまだ早いのではないかとの意見もあったが、村本はツイッターで、

「昨日載せた食べ物も熊本以外の人が『熊本の人に分けろや!』といい熊本の人は『分けろやなんて思いません笑』と言ってくれて、ライブも熊本以外の人が『不謹慎といい』熊本の人は『きてきて』と言ってくれる。体感した。勘違いの代弁者ぶるやつは黙っとけ」

と、投稿。さらに、

「やるのはぼく。批判も受けます。もちもんど真ん中ではなく、ちょい外れがベストかと。まだ全く未定の話ですが。てかやるならあんたらにバレないように水面下でこそっとやるから、誰もぼくを叩けませんよ(・ω・)ノ」(原文ママ)

と、反対派に向かって宣言したのだ。すると、ツイッターユーザーからは、

「熊本です。
賛否あるとは思いますが、こんな時こそ笑いは必要だと思います。
地震のニュースで不安でいっぱいです。是非落ち着いたら熊本でお願いします」
「被災地に行くことでどれだけ現地に負担がかかるのかは最大限に考えるべきだけど、笑いを届けるのはけっして不謹慎じゃない、何より元気になれるもの。村本さん、がんばって下さい」

など、熊本でのお笑いライブ開催を願う声が、再び寄せられた。

たしかに反対意見はあるが、ツイッターを見る限りでは、大多数が賛成で、被災地からの反対意見はほとんどないという状況だ。前述のコメント通り、現地の状況を十分にチェックする必要はあるだろうが、もし実現すれば多くの人を喜ばせることができそうだ。
(小浦大生)
(R25編集部)

ウーマン村本の「熊本お笑いライブ計画」に賛成多数はコチラ

※コラムの内容は、R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

ウーマン村本、苦悩の10年を語る
紗栄子「信念をもって」寄付公開に支持集まる
被災した熊本在住の漫画家・村枝賢一さんにエール続々
「熊本にふるさと納税」できる方法いろいろ
村本 法的措置騒動でネットを翻弄

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP