ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【大人の自由研究】ガラス瓶をカッターで真っ二つにする意外な方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫


種も仕掛けもありません。もちろん、ノコギリのようなギザギザ歯も付いていません。ごく普通のカッターでも、驚くほどカンタンにガラスの瓶がキレイに切れてしまう。いや、本当なんです!

キモチいいくらいに
スパっと切れるガラス瓶

こちらが用意するもの。

ガラス瓶にもちろんカッター、そして水?調理油?さらにはガスバーナー?この仕掛け、頭で考えるよりも前に早速どうなるか見てみましょう!

01.
ガラス瓶に水を入れる

まずは、カットしたい部分までガラス瓶の中に水を入れていきます。もちろん、フツーの水道水でOK。

水を入れたガラス瓶をボウルに入れ、今度はボウルの中に水を入れていきます。ドボドボドボ…。

ハイ、ここでひとつ目の注意点。ボウルに張る水の量は、ガラス瓶の中の水位に合わせること!

02.
オイルをボウルに注いでいく

次に登場するは、調理油。

これをボウルの水の上にちょっとずつ、数回に分けながら入れて水面に幕をつくっていく要領。

ガラス瓶の内側をこんな感じに油が覆いつくせば完成。

03.
カッター登場!

さて、ここで初めてカッターが登場します。といっても、使うのはカッターの刃のみ。

ジャン。こんな感じでカッターの刃をピンセットで摘みましょう。

あとは、やけどに気をつけながら刃先をバーナーで熱していきます。やけどに注意!大切なことなので二度言いました。

04.
熱したカッターの刃を
油につけると…

さて、かんかんに熱したカッターの刃を油の浮く水の中へと、ちょんと入れます。ハイ、ここふたつ目の注意点。油が跳びはねる可能性があるので、安全のため保護メガネやゴーグルを用意しておきましょう。

話を戻して、熱したカッターの刃を着けてからほんの数秒後、「パキっ」の音とともに、ガラス瓶はご覧のとおり真っ二つ!

切断面もキレイ。

仕組みは熱膨張

そうなんです。察しの通り、この仕組は熱膨張にあります。ガラス瓶の内側と外側に急激な温度差をつくることで、膨張に耐え切れなくなったガラスが割れるーー。その温度変化をブーストさせているのが、つまりは油というわけです。

覚えておけば、水挿しやキャンドルポットをDIYできそう。何かと役に立ったりして。

Licensed material used with permission by Roman Ursu

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP