体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

今付き合っている彼女とそのまま結婚するであろう「9つのサイン」

生活・趣味

今付き合っている彼女とそのまま結婚するであろう「9つのサイン」

結婚を決意するのってどんな時?なんて考えるときに、参考にするものはなんだろう。映画のストーリーや両親の経験談だろうか。たとえば、こんな話を聞いたことがあるかもしれない。

“あ、オレはこの人と結婚するんだ”ってなんとなく思った。

男性には、そう思う瞬間があるそうだ。それは、ふたりパジャマ姿でソファーに座りながらビールを飲んでいる時かもしれないし、大きなゲップをしてひと騒ぎした時かもしれない。「Kevin Schlittenhardt」は9つの例を紹介している。

01.
彼女が好きなテレビ番組を
いつの間にか無意識に見ていた

今付き合っている彼女とそのまま結婚するであろう「9つのサイン」

パートナーが好きなものに本気で興味を持っている証拠と見ていい。同じものを見て楽しむ時間は大切だ。結婚後は、一緒にテレビの前にいることが日常になる。

02.
ふたりの関係を
周囲がよく知っている

何を話したか、どんなテキストを送信したのか、そんなことを友だちが覚えているようであれば、きっと人生はずっと楽しいままだ。男同士なら、そんな会話に覚えがあるだろう。

たとえば、恋人と電話をした後にこんなことを言われるのだ。

「声のトーンが高いね」。

猫なで声をネタにされて冷やかされたことがあるーー。それもサインだ。みんなと会話するようにして彼女と話せない。彼女と話すようにしてみんなと話せない。そんな経験はない?

03.
彼女が隣に居たほうが
よく眠れる

今付き合っている彼女とそのまま結婚するであろう「9つのサイン」

一緒に“寝たい”のではなく、“眠りたい”と思っていることには大きな意味がある。いずれ毎日ふたりでベッドに入るようになるのだから、それがキチンと機能しているかどうかは大切な要素だ。

もちろん、いびきには耳栓、口臭にはうがい薬を、ブランケットの奪い合いが起こるなら、大きなものを購入して準備したほうがいい。けれど、それよりも大切なのは、日中やアフター5にそれぞれデートするだけでは満足できず、1日の終わりや朝起きるその瞬間まで一緒に居たいと思うかどうかだ。もしそう思えているならディープだね。

04.
同棲が苦じゃない

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会