体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高齢者が音楽を聴きながら運動することで得られる効果と注意点

アイキャッチ

ご高齢者や認知症が進んだ方にも楽しんでいただける音楽会「音楽の花束」を主催しておりますGOTOです。

高齢者施設で体操やリハビリを行う際、音楽をかけながら行うことが多いように見受けられます。そこにはどんな効果があるのでしょうか。さらに効果が得られるよう工夫できるのでしょうか。今回は運動と音楽について考えてみます。

音楽を聴きながら運動することについて

得られる効果

オリンピックやワールドカップに出るようなアスリートが、イヤフォンで好きな音楽を聴きながらトレーニングをしている様子が報じられ、「音楽を聴きながら運動するといいらしい」という認識は一般的に定着しています。特に時間をかけて単純な動きを繰り返す有酸素運動の際に、好きな音楽を聴いていると退屈せずにやり遂げられる、ということは一般的に定評があります。

また、筋トレをするときに「筋肉と語り合う」という人もいますが、トレーニングには「鍛えている場所に集中して意識を向ける」ことが大切だと言われます。集中力を高めるためにヘッドホンで音楽を聴き、周囲のことに気を取られないよう自分の神経をシャットアウトする、という考え方もあります。

注意しなければならないこと

人の神経がキャッチできる情報は限りがあります。虫刺されによるかゆみを感じなくするために、叩いて紛らすという冗談みたいなやりかたをご存知の方も多いでしょう。痛みを与えることで、かゆみを感じなくさせる、ということですね。

運動中に目隠しをしたり耳栓をして「情報を遮断する」と運動中の苦痛が増加する、という実験結果もあります。つまり運動中に音楽を楽しむことは、キャッチする情報を増やすことで運動による苦痛を軽減しているわけです。

運動動作に慣れている方にとっては、音楽はパフォーマンスを高めるために有効です。しかし、初心者や高齢者など、運動動作を注意深く確認しながら行わなければならない方にとっては、必要なことへの集中力が逸れてしまうことになります。誤った動きによる怪我や、苦痛への感覚が鈍ることでやりすぎを招いてしまう可能性があることを、認識して取り入れるべきだと思います。

ランニング中の音楽について

得られる効果

2016年2月、米科学誌「プロスワン」(電子版)に、東北大学大学院の研究チームが行った、ランニング中の音楽はリラックス効果だけではなく、心臓にも優しい効果があるという研究結果が掲載されました。自律神経に働きかける音楽の効果を利用し、運動中から運動後にかけて心が落ち着く音楽を聴いていると、副交感神経活動の低下を著しく抑制し、回復に良い効果をもたらすことが実証されたというものです。

心大疾患患者など、運動リハビリによって自律神経機能を改善することが重要なケースなどに応用することが考えられます。このデータは、今後医療の場で行う音楽を使ったリハビリテーションの確立に、大いに貢献するのではないかと言われています。

注意しなければならないこと

ランニングやウォーキング、自転車こぎなどは、人それぞれの歩幅や体力に合わせたリズムがあります。自律神経への効果を求めて、個々の運動リズムに合わない音楽を選択すると運動効果は激減、またはペースが乱れることで余分な疲労を招くことになります。蛇足ではありますが、屋外での運動の際にヘッドフォンやイヤフォンで両耳をふさいで外部の音が聴こえなくなることは事故の危険を招きますので、片耳は空けておくなど配慮も必要です。

しかし、なんと言っても認知症が進んでいても音楽が大好きで、音楽が始まると和やかになり、会話もスムーズになるというケースはとても多く見られます。身体機能維持のためのリハビリを行う際、聴く人の気持ちに働きかけ、よい効果を生む音楽の利点と、こうした注意点をしっかりと知った上で、上手に活用したいものです。

「音楽療法」と「運動しながら音楽を聴くこと」の違い

高齢者施設で歌ったり、コンサートを開くと「いいですね」というだけでなく「癒されて元気になるから、これは音楽療法ですね」と言っていただくことがあります。さて、どうでしょうか。医療の現場や高齢者施設に音楽を持ち込むことは、とてもデリケートな問題を孕んでいます。音楽の影響力は非常に大きく、前述のようによい効果の裏側には大きくマイナスに働く力も持っているからです。

1 2次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。