ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最近なんだか疲れてない? 疲れを解消してくれる食べ物をチェック

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月の忙しさでなんだか疲れが溜まっているという方も多いのでは? そんな時は、疲労回復効果がある食べ物で、スッキリ疲れを落としましょう。ここでは溜まった疲れを回復させる食べ物をご紹介します。

言わずと知れた疲労回復食材「ニンニク」

ニンニクは疲労回復効果が高いことで知られる食材です。そのパワーのもとはニンニクに含まれるアリシンという成分。アリシンは体内でビタミンB1と結合してその吸収を助けます。ビタミンB1の働きは糖質を代謝してエネルギーを産生すること。それによってスタミナが付き、疲労も回復できるのです。アリシンは、ネギや玉ねぎにも含まれています。疲れたときはちょっと多めに食べてみましょう。

鳥ムネ肉にも疲労回復効果があった!

安価で家計に嬉しい食材の鳥ムネ肉も疲労回復食材です。それは、鳥ムネ肉に含まれているイミダペプチドという成分のため。鳥の羽の付け根の部分に含まれる成分で、鳥はイミダペプチドのおかげで、何百キロも飛び続けることができるそうなのです。イミダペプチドは筋肉の疲れにも効果的ですが、直接脳にも届くため、神経の疲れにも効果を発揮します。複雑な人間関係で疲れちゃったなんて時は、鳥ムネ肉を食べてみてはいかがでしょうか。

知らなかった!鮭にも疲労回復効果が!

鮭は皮の部分にコラーゲンが多く含まれているため、アンチエイジング効果の高い食材として知られています。でも鮭には疲労回復効果もあるんですよ。それは、鮭に含まれているアンセリンという成分。鮭だけでなく、カツオやマグロなど高速で長距離を泳ぐ魚の筋肉に多く含まれています。アンセリンには活性酸素を除去する働きもあるので、アンチエイジング効果もバッチリですよ。

カフェインの疲労回復は一時的

コーヒーや緑茶にはカフェインが含まれています。カフェインには覚醒効果があるので、疲れたときには1杯のコーヒーやお茶がおススメ。さらにカフェインには疲労回復効果もあるのです。でも、カフェインの覚醒効果や疲労回復効果は一時的なものでもあります。重要な会議の前など、とりあえずシャキッとしたい時におススメです。

writer:岩田かほり

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP