ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

母子ともに発熱!ふらつく足で息子を抱き上げて、泣き叫ぶ声がズーンと頭に響く

DATE:
  • ガジェット通信を≫

息子、1歳11カ月。

2歳を目前にイヤイヤ期まっただ中。

駄々をこねた挙げ句に「いやだ―!」と絶叫する日々でした。

そんなある日どこでもらってきたのか、息子はを出しました。

お風呂に入ったときには元気だった息子。

いつものように寝たはずでした。

ところが夜中になって、息子の叫び泣きで目が覚めたのです。どうしたのかと息子に触れると、明らかに熱い。

慌てて体温計を取りに行き、測ってみると38.5度。

頭が痛いのか息子は泣いていました。

朝になるのを待って病院へ。

風邪とのことで、ちょっと安心して帰宅。

ところが、息子を寝かせようとすると、息子が私から離れようとしませんでした。

熱で気持ちが不安になっているのか、ひとりになりたがりません。

困ったことに、私の膝で寝たがります。

これだと、私は全く動けず。

それでも息子が安心するならと、膝枕で寝かせました。

息子は熱で寝つけないのか、30分眠っては起きて泣くというのを繰り返していました。

優しい気持ちでいられたのは、2時間ほど。

まだ2歳にならないとはいえ、それなりに重たくなってきている息子。

膝枕を続けていると、足がしびれてきました。

そっと体勢を変えると、すぐに起きてしまって泣いてしまいます。

足はしびれてくるし、やりたいことも何もできずに1日が過ぎました。

相変わらず30分おきに起きる夜を過ごして朝になると、私も熱を出していました。

べったり一緒にいたので、うつるのも当然です。

でも、せめて息子の熱が落ち着いてからにしたかった・・・。

こんなときに夫は出張で不在。

実家の両親も風邪をひいていて、頼れません。

母子ともに発熱。2人で乗り切るしかありません。

自分も熱を出してみてわかったのが、とにかく頭痛がひどいということ。

息子が30分おきに起きてしまうのも納得です。

息子は前日のように私の膝で眠りたがりますが、今日は私も横になりたい状態。

体調不良で甘えたい息子の期待には添えません。

普段のイヤイヤ泣きの最強版で泣く息子。

叫ぶように泣く声が、頭痛のひどい頭にひびきます。

ふらつく足で立ち上がり、泣き叫ぶ息子を抱きました。

けれど、火がついたように泣く息子はなかなか落ち着きません。

何か叫びながら、身体をのけぞらせて泣いています。

支える私も力の限界。

あまりに辛すぎて、涙が出てきました。

お願いだから寝て。もう寝て。早く寝て。

泣きながら、そればかり考えていました。

2人とも体力の限界がきたころ、出張から夫が帰ってきました。

頼れる人がいるありがたさを感じ、いつになく夫に感謝の気持ちでいっぱい。

私の安心感が伝わったのか、息子もさきほどの叫び泣きがうそのように落ち着きました。

自分も体調を崩しているときの子どものお世話はきついものがあります。

休みたいのに、休めない。

その辛さから、つい心にゆとりがなくなってしまいました。

けれど子どもは親の気持ちに敏感なもの。

眠ってくれと必死になるのではなく、息子を安心させれば寝てくれたのかなと今振り返ると思います。

著者:シュガーバイン

年齢:30代

子どもの年齢:3歳

元気いっぱいの息子に、毎日振り回されつつ子育て中。「ママ、好き!」の言葉で、今日のイライラも疲れも吹き飛びます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

まだ1歳なのに全身麻酔で手術をすることになった娘。待合室でひたすら無事を祈った日
40℃近い発熱でぺろんぺろんになった姿にパニック!私と娘の長い長い1日。 by はなこ
いくら検査しても原因不明!? 高熱が続いて入院した我が子の闘病記

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP