ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『笑点』関係者が桂歌丸の現在の状況を声を潜めて語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「いま大変だよ。舞台袖にね。看護師さんが常駐」「ディレクターとかADも全員、AEDの講習受けて」──4月15日に放送された『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)にゲスト出演した三遊亭円楽(66)は、人気長寿番組『笑点』(日本テレビ系)についてこうブチまけた。

 円楽が語ったのは、名物コーナー「大喜利」で司会を務める桂歌丸(79)のことである。この発言が『笑点』ファンをやきもきさせているという。

 歌丸といえば、昨年6月に背部褥瘡と腸閉塞を患い、入退院を繰り返した。2か月の休養を経て復帰して以来、元気な姿を見せているが、テレビには映らない舞台裏では、まだ緊迫状態が続いていたのだった。

 歌丸の事務所は「全く問題なく元気にしています」というが、22日には会見で歌丸本人が「(降板について)そろそろ考える時期が来ているかなという気がしている」と話した。笑点関係者は声を潜める。

「万が一に備えて、常備薬を含めたお薬手帳と健康保険証のコピーを提出してもらっています。また最近の歌丸師匠は足腰が弱り、普段は車椅子です。『笑点』の高座にあがるときも付き人の手を借りています。

 それすら厳しいときには、一旦幕を閉めて車椅子のまま運び、高座に据えてから幕を開ける。加えて正座も辛いというので、実は正座しているように見える『補助椅子』を使っているのです」

 2014年から罹患している慢性閉塞性肺疾患の影響で呼吸もままならないという。

「高座にあがる30分前から舞台袖で酸素ボンベを使って呼吸を整えていますが、それでも舞台で咳きこんでしまうこともあり、これ以上、司会を続けるのは難しいのではないかという意見も少なくありません」(同前)

 2006年から続いた“歌丸政権”に点った危険信号──5月に50周年を迎える『笑点』だが、このままだと、それを機に電撃降板もあり得るかもしれない。

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
桂歌丸が幼少時代や噺家人生や趣味などを軽妙に記した半生記
「TV局を減らせ」と説く元業界人がTV界の現状を描いた書
TVの言葉が「語り」から「喋り」に移った理由を解説した本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。