ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性の整形への反応はコンプレックス解消したことへの嫉妬心

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 メイクやファッションは好き嫌いがある。濃すぎたり、変な格好をしていればいろいろ言われるし、逆に素敵だったら憧れの対象になる。

「あの人、顔変わったよね」

 美容整形がメイクやファッションのように誰にとっても身近なものになったことで、いつしかほとんどすべての女性たちに、この“整形センサー”が備わった。コラムニストの犬山紙子さんは、そこにある女性心理を「嫉妬」だと指摘する。

「私だってヒアルロン酸入れたらきれいになるはずなのに、しないだけよって。でもあなたはしたのよねっていう妬みですね。それは男性が、ヅラに反応するのと同じですよね。先にコンプレックスを解消したことへの“ずるい”という嫉妬心があると思うんです。

 一方で見下してもいますよね。それは例えばクイズ番組で、タレントが変な解答をしたときに、後になってそれを友達と笑い話にする。“あの人、ああいう解答してた”って。そのとき、自分の方が上というような気持ちがどこかにあると思うんです。整形した人が下で、整形してない人が上ということなんてはないんですけどね。なんだ、あの人きれいだと思っていたけどコンプレックスあったんだ、というちょっとした安心感もあるんじゃないでしょうか」

 青山渋谷メディカルクリニック名誉院長で精神科医の鍋田恭孝さんも、「あの美しさは作り物であって、本当にきれいなものではないから価値はない」という安心感から、みんなで話したくなるのではないかとみている。

「でも、そういうことを口にする女性ほど、美容整形に興味があったりするんです。一歩踏み出せない美容整形を先にやって悔しい、っていう嫉妬心もあるでしょうし、同時に美容整形をしてないことに対する優越感みたいなものもある。時には一歩踏み出せない自分は情けないという思いもあったり、複雑でしょうね。でもやっぱり、“私もきれいになりたい”という欲望が共通してあると思います」

 千葉のデパートでパートをしている菅野景子さん(61才)は、昨年、還暦の同窓会での思い出を振りかえる。

「男たちが『あれ、誰だ!』と色めき立った女が2人いたんですよ。1人は素人離れした和服姿で、もう1人は全身からお金持ちオーラが出まくり。2人とも中学時代は、“そういえばいた、かな”ってくらい目立たなかったんですけどね。田舎の60才といったら、老人枠の人もいるというのに、2人はどう見ても50才前半。『えーっ、なんでそんなに若いの!』と、絶賛されるたび、顔に赤みがさして、ますますきれいに見えました。でもそのときの答えが笑っちゃう。誰も何も言わないのに、『やだ、何にもしていないって。ふだんは化粧もしないけど、今日は久しぶりに張り切っちゃった』と言うんですよ。誰も『いじった』なんて聞いていないのに。2人が帰ったあとは女たちで『結局、お金よねぇ』と、大はしゃぎでした」

 広島県在住の看護師、松田智恵美さん(57才)は、50才のとき、レーザーのシミ消しをした。しばらく顔にやけどのような跡がいくつかできていた時に出席した法事でのことが忘れられない。

「私の顔の異変が話題になって、この治療がいくらかかるかも聞かれ、全部、正直に答えたことがよかったのか、悪かったのか。誰かが『結局、整形の一種でしょ?』と言った途端、『そんなお金があったら子供に残したい』だの『そこまでして若く見せたいってことでしょ?』だの、『私ならただでもやらない』だの、『火事場で火の粉を浴びたみたいでかわいそう』だの、みんな言いたい放題。

 でも、そのとき、いちばん口汚くののしっていた従姉妹が、後日、顔写真をメールしてと連絡してきたんです。 すっかりシミが消えていたんですけど、その写真を送ったら、病院教えてって。なら、最初からそう言えばいいのにっ!」

 すっかり市民権を得た美容整形だが、金銭面や気持ちの面では、確かに“美容格差”が存在するようだ。

 美容・医療ジャーナリストの海野由利子さんが言う。

「環境の違いは大きいですよね。例えば地方都市でも大きなデパートがあれば化粧品もいろんなブランドのものが手に入りますが、国産の5つか6つのメーカーしか近所では手に入らないし、見たことがないという場所もあると思うんです。

 美容医療も同じで、情報はネットや雑誌で見て知ってはいるけれど、美容クリニックを見たことがないとか、美容医療の経験者に会ったことがないという環境なら、美容医療を体験することのハードルは高くなるでしょうね」

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
韓国“美容整形の街”ソウル・江南区の屋外広告に日本語表記
韓国人 「100%の美しさを求める」ために男性にも整形ブーム
中村うさぎ 顔や胸など美容整形10年の歴史を写真付きで公開

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。