ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初の自律式水中ドローン「iBubble」が登場!ハンズフリーでプロ仕様の美しい水中映像が撮影可能!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

サンゴ礁、色鮮やかな魚が泳ぐ姿。水の中の美しい世界は、世界中の人々を惹きつけてやまない。

水中の一瞬を映像に留めたい、そんな私たちの願いを叶えてくれそうな、世界初の“自律式水中カメラドローン”が、今クラウドファンディングサイトIndiegogoで出資を募集中だ。

「iBubble」というドローンで、ダイバーに付いて来るように設定したり、ハンズフリーで映像をキャプチャできる。

・コンパクトな大きさなのに、高性能・高機能

流体力学を考慮したデザインのドローンの大きさは、50x35x25センチメートル、重さは約5キログラム。最大深度60メートル、ダイバーからの最大距離は25メートルまで対応。

360度水平・垂直対応の500ドル(約55000円)相当のプロ仕様のカメラ、同じく500ドル相当になる1000ルーメンの強力ライト2点のほか、3軸ジャイロスコープ・加速度計・磁気計・深度計・再充電可能な4S 8000 mAhリチウムポリマー電池2点、パワフルモーターなどを搭載。バッテリーはおよそ1時間の連続使用が可能だ。

・海中生物への配慮も

撮影に便利な“画像安定機能”、“オートフレーム機能”のほか、“障害物を避ける機能”があるので、海中の環境を破壊するのを防いでくれる。

また、静音仕様になっているので、海中生物を不用意に驚かす心配も少ないし、ドローンはバッテリー不足になると、ダイバーの元へ戻ってくるというからスゴイ。

・ブレスレット型ツール、専用アプリも用意

ドローンへの指令は専用のブレスレット型ツールからおこない、ダイバーに付いて来る“追跡モード”など、全8つの“フィルムモード”を選択したり、録画のスタート・ストップ、“マニュアルモード”のスタートオン・オフの切り替え設定ができ、操作は誰にでもわかりやすくなっている。

録画した映像は後ほど、ユーザーのスマートフォンで閲覧することができる。専用アプリはiOS、Android両方に対応している。

早期予約価格は1299ドル(約14万4000円)+配送料金で、提供開始は2017年6月を予定している。

iBubble

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP