ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【稼げる資格のプロがおすすめ!】「椅子張り技能者」

DATE:
  • ガジェット通信を≫
【稼げる資格のプロがおすすめ!】「椅子張り技能者」 f:id:keimanahensyu:20160414141416j:plain

「新しい人生を切り開きたい!そのために何か資格が欲しい!」、そんなあなた。とはいえ、多くの人が持っている資格はなんだかちょっと…という方は、人とは一味違う資格を目指してみませんか?

そこで、「稼げる資格」編集長を務める資格の専門家・乾喜一郎さんに、おすすめの資格をピックアップしてもらいました。

今回は、「椅子張り技能者」をご紹介。注目の理由から取得のためのポイント、永く稼げるためのコツまで、 一気にお教えします。

乾 喜一郎(いぬい きいちろう)

医療や会計の定番国家資格から、知る人ぞ知る手に職系資格まで、600以上の資格に精通する、資格専門誌「稼げる資格」編集長。

また、就職・転職・進学など、20年以上にわたって一貫してキャリアに関する分野に関わり、これまで記事で取り扱ったライフヒストリーは4000例以上にのぼるため、資格取得後の活用法にも知見が深い。

文部科学省「社会人学び直しプログラム委員会」委員。

GCDF-Japanキャリアカウンセラー資格取得。

ソファや椅子の修繕技術を証明する、

堅実さと技術力が顧客開拓に直結

「稼げる資格」編集長の注目ポイント

個人宅、美容院、クリニック、飲食店など、あらゆるところにある椅子やソファ。ウレタン製ブロックのあるキッズルームや、施術ベッドを使うエステや癒し業界などの広がりと合わせ、有資格者の活躍の場は広がっています。消費税引き上げを前に、新品を買うのではなく「いいものを長く使う」という人も増えており、ニーズは堅調。椅子張り技能者が少ない地域で独立開業すれば、成功できる可能性は高いでしょう。

どう稼ぐ?

インテリアや建築関係の企業で修繕担当として働く道があるほか、地域の個人宅や個人事業者などを顧客に独立開業することもできる。椅子張りの技術は応用範囲が広く、車のシート、ベッドや診察台なども対象になる。

どう学ぶ?

資格取得には、京都椅子専門学院での2年間の養成講座授業が前提となっている。同講座は全国チェーンの飲食店などと椅子張りの契約を結ぶ(株)シバハラが運営しており、実習では現場に直結した技能を学べる。

どんな資格?

ソファや椅子の製作・張り替えといった修繕に必要な高い技術を備えた証となる資格。椅子張り技能者は、全国的に不足気味で需要は高い。家具メーカーなどで修繕担当として働けるほか、独立開業もできる。

認定団体

一般社団法人 京都椅子専門学院

受験資格

養成講座の修了が前提

目安となる取得期間

養成講座は2 年間の通学制

いかかでしたか?あなたにとって「椅子張り技能者」は、新しい人生を切り開けそうな資格でしたか?

更に、この資格を取得した人が実際にどう稼いでいるかを知りたい方は、現在発売中の『稼げる資格2016』に掲載されている活用実例インタビューをチェック!

構成/文 ケイコとマナブ編集部

※この記事は2016年2月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

【稼げる資格のプロがおすすめ!】「キャンドルインストラクター」
【稼げる資格のプロがおすすめ!】「社会保険労務士」
独立開業を目指したい人のための本当に使える資格選びのコツ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。