ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【沖縄】竹富島・石垣島・西表島など沖縄の伝統ある絶景スポット!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【一度は訪れてみたい沖縄の絶景スポット】

美しい自然や日本の伝統文化、日本の絶景・秘境は訪れる人を魅了し続けています。そんな絶景・秘境を厳選してご紹介。

古宇利島・竹富島・石垣島・西表島・サンセットビーチ・座間味島など…日本が世界に誇る素晴らしき絶景をこの機会に訪れてみてはいかがでしょうか?

1.竹富島

水牛に乗ることができ、水牛の歩くスピードで街並みをゆっくり観光できます

沖縄県の八重山諸島にあり、隆起サンゴ礁の島と言われます。“民芸の島”として知られ、木造赤瓦の民家と白砂が撒かれた道という古き沖縄の姿を残しています。

\口コミ ピックアップ/

沖縄の昔ながらの赤瓦の家だらけで、水牛車にのって集落をまわるのがとても気持ち良くて楽しかったです。また絶対に行きたいと思います! 竹富島

住所/沖縄県八重山郡竹富町

TEL/0980-82-5445

アクセス/石垣島から船で

「竹富島」の詳細はこちら

2.石垣島

青い海と白い砂浜が魅力。沖縄ならではの海と自然も楽しめます。

沖縄県・八重山諸島の中心部であり、多くの観光客でにぎわう島です。パイナップルやサトウキビ栽培の盛んな場所で、史跡と景勝地に富む島と言われています。

\口コミ ピックアップ/

本当にすばらしいところです。移住したくなりました。食べ物も美味しいし,島の雰囲気が最高です!一番素晴らしいのは海の綺麗さ。本当にどこから見てもエメラルドグリーンの海が広がっていて,あまりの綺麗さに現実じゃないみたいです。また絶対に行きたいと思います。むしろ次行くときはそのまま住みつきたいです。 石垣島

住所/沖縄県石垣市

TEL/0980-82-1535

アクセス/那覇空港から飛行機で

「石垣島」の詳細はこちら

3.西表島

体験ツアーでカヌーから見えるマングローブの森です

イリオモテヤマネコの生息地と言われ、島の90%近くがジャングルにおおわれた沖縄本島に次ぐ大きな島です。緑豊かな大自然で、他の離島とは異なる雰囲気の離島です。

\口コミ ピックアップ/

西表島の潮が引いた時の、マングローブと海の景色が最高にキレイでした!今まで見てきた海の中で、一番キレイ!!干潟もいろんな生物満載で楽しい!!西表島は、一度行く価値あり!! 西表島

住所/沖縄県八重山郡竹富町

TEL/0980-82-5445

アクセス/石垣島から船で(大原港行き) 石垣島から船で(上原港行き)

「西表島」の詳細はこちら

4.海中道路

中間地点には海の駅「あやはし館」があり、地元の特産品などを購入できます

沖縄本島中部のうるま市にあり、全長約5kmの通行無料の道路です。両サイドに広がる海では、ビーチで遊べたりBBQができたりととても賑わっています。

\口コミ ピックアップ/

こんなにきれいな景色が日本にあったのか!!青い海の中を走り、途中SAにある歩道橋の上からゆっくり景色を見回せば、絶景が広がっています。 海中道路

住所/沖縄県うるま市字屋平

アクセス/那覇バスターミナルからバスで

「海中道路」の詳細はこちら

5.波照間島

ずっと眺めていても飽きないほどの綺麗なニシ浜ビーチです

有人島として日本最南端の島であり、天文台は南十字星が一番よく見れる観測タワーとして有名。ニシ浜ビーチには日本一綺麗なビーチにも輝いたエメラルド色のビーチがあります。

\口コミ ピックアップ/

日本最南端の島である波照間島。スキューバダイビングで潜りましたが、本当に海が綺麗で、白い砂に自分の影が映って、空を飛んでいるかのような気分になります。最高の体験でした。 波照間島

住所/沖縄県八重山郡竹富町

TEL/0980-82-5445

「波照間島」の詳細はこちら

6.シーサー

シーサーは沖縄のシンボルで色々な場所にあり、土産物に最適なアイテムです

民家の屋根に置くことで、外部から侵入する魔物を払いのける役目と、火伏せの役目をすると言われています。近年ではポーズのとり方や表情などが変化に富んでおり、面白さがあります。

\口コミ ピックアップ/

沖縄の守り神といえばシーサー。屋根の上だったり門の上だったりいろんなところにいて、表情の違いを見るのが楽しいです。 シーサー

住所/沖縄県那覇市他県内各地

「シーサー」の詳細はこちら

7.コンドイビーチ

時間帯によっては沖のほうに砂浜が出現し、様々な一面を併せ持つビーチです

竹富島にあり、青い海と空だけが限りなく広がっているコンドイビーチ。ドラマやCMの舞台になったりと海と空と風を思いっきり満喫できるビーチです。

\口コミ ピックアップ/

遠浅の海だからか、海の色が優しい青でした。やどかりがたくさんいて、南国感たっぷりでした。海に入るつもりはなかったのですが、足まででいいから、入りたいという衝動にかられ、しっかり満喫しました。 コンドイビーチ

住所/沖縄県八重山郡竹富町竹富

アクセス/竹富港より竹富集落経由、小学校方面へ、三叉路を右折300m、車15分

駐車場:5台 あり(無料)

「コンドイビーチ」の詳細はこちら

8.浜比嘉島

「アマミチュー」及び地の神が祀られていると伝えられている墓です

浜比嘉大橋を渡ると見えてくる、半農半漁の生活が営まれている浜比嘉島。琉球開びゃくの神「アマミキヨ」が眠る島として知られ、拝所や御嶽(ウタキ)が点在します。

\口コミ ピックアップ/

4回目の沖縄旅行で、今回初めてこの島に足を踏み入れました。行く前に思って印象を覆すくらいのどかで、自然に満ち溢れた心の落ち着く島でした。小さな島なので、短時間で一通り見て回れて、家族みんな大満足でした。 浜比嘉島

住所/沖縄県うるま市勝連浜、勝連比嘉

TEL/098-965-5634

アクセス/那覇バスターミナルからバスで100分

「浜比嘉島」の詳細はこちら

9.瀬長島

那覇空港に離着陸する直前の飛行機を間近で見ることができます

豊見城発祥の地と伝えられている、那覇空港の南にある海中道路で結ばれている島です。また、恋の島として今も昔も市内外から多くの人が訪れる島でもあり、夕日・夜景も絶景な県内有数の景勝地です。

\口コミ ピックアップ/

飛行機が間近を通るので、大迫力です!機体の大きさと音に、子供だけじゃなく、大人も興奮しますよ!お弁当を持っていき、飛行機や海をみながら、食べました♪風が強かったですが、とても気持ち良かったです。ぜひ、一度は行ってほしいおすすめの場所です★ 瀬長島

住所/沖縄県豊見城市字瀬長

TEL/098-850-0096

駐車場:無料:200

「瀬長島」の詳細はこちら

10.サンセットビーチ

散歩にも最適な、入り江のようにつくられた人工のビーチです

ショッピングセンターや映画館など、若者でにぎわう北谷町美浜にあるサンセットビーチです。地平線に沈む美しい夕陽を眺めることができることから、地元の人にも人気。

\口コミ ピックアップ/

ここから見える夕日は本当に素晴らしいです。カップルでいったら間違いなく思い出になるし、1人で行っても間違いなく癒されます。地平線に消えゆく夕日を最後まで見ることができるのは贅沢です。 サンセットビーチ

住所/沖縄県中頭郡北谷町美浜

アクセス/那覇空港よりR58経由、名護方面へ車35分

営業時間/休業:11月~翌4月下旬、遊泳期間中は遊泳自由 営業:遊泳時間9時~遊泳終了時間は時期により異なる※要問合せ

料金/大人:入場料無料

その他:シャワー100円、ロッカー200円、サマーベット400円

駐車場:480台 あり(無料)

「サンセットビーチ」の詳細はこちら

11.伊江島

タッチューの長い階段を上ると、大パノラマが広がり、絶景が見渡せます

かつて沖縄戦最大の激戦地として有名な伊江島。現在ではモクマオウの緑とリーフの美しい観光地として人気で海に山に花に食に芸能にと楽しさがあふれています。

\口コミ ピックアップ/

伊江島の中心に高い山があり、これを伊江島タッチューと呼びます。一番上まで上ることができ、見晴らしがとても良いです。 伊江島

住所/沖縄県国頭郡伊江村

TEL/0980-49-2906

アクセス/本部港から船で 那覇空港から車で(本部港まで)

料金/大人:1330円 本部港→伊江港(往復) 12歳以上

小学生:670円 本部港→伊江港(往復) 6~12歳未満

「伊江島」の詳細はこちら

12.座間味島

スキューバダイビングをすれば竜宮城のような美しい海でカメにも会えます

2014年に国立公園に指定された慶良間諸島の座間味島は、亜熱帯樹原生林やサンゴ礁の海岸線など、風光明媚な島です。美しい景色があふれています。

\口コミ ピックアップ/

沖縄の海!を感じるには絶好の離島です。那覇から高速船で40分ほどで行ける距離感が素晴らしい。島ではビーチで遊んだりのんびり散歩したり。一日遊べます。 座間味島

住所/沖縄県島尻郡座間味村

TEL/098-987-2277

「座間味島」の詳細はこちら

※この記事は2016年4月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

初心者さん向け【京都】厳選20!清水寺や金閣寺、銀閣寺など歴史的価値のあるスポットを巡ろう
【北海道】北海道を代表する観光名所の数々!函館山など絶景スポット特集!
ファミリーで泊まってよかった!家族風呂・貸切温泉のある宿7選【関東甲信越】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP