体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

カキ、アナゴ、スイーツまで!宮島で食い倒れ旅を満喫♪【広島】

カキ、アナゴ、スイーツまで!宮島で食い倒れ旅を満喫♪【広島】 1604_kansai_111_main

広島県・宮島といえば美味しいグルメがた~くさんありますよね。表参道通りでは思わず立ち止まってしまう、必見グルメが満載です。

今回は、全部食べたい♪広島県・宮島のグルメ旅をご紹介。定番の牡蠣やもみじまんじゅうはもちろん、宮島でしか食せないご当地グルメが目白押し。あ~、とても1日ではとても食べきれない~。さあ、このGWは、宮島で食い倒れグルメ旅を楽しみましょう!

宮島の牡蠣くん

カキの殻を器に使って隠し味にはワインを!

宮島の牡蠣くん 注文を聞いてからつくるので熱々のまま

牡蠣グラタン 300円

宮島の牡蠣くん 店内にテーブル席も用意されている

使用するのは濃厚な甘みが特徴の「地御前カキ」のみ。ホワイトソースとチーズがたっぷり入って、仕上げは豪快にバーナーで焦げ目を。 宮島の牡蠣くん

TEL/0829-44-1992

住所/廿日市市宮島町553-2

営業時間/10時~17時

定休日/不定

「宮島の牡蠣くん」の詳細はこちら

沖野水産 直売所

火の通りを抑えたレアでカキの旨みがそのまま!

沖野水産 直売所 食べた後に添えのレモンをかじると口の中がさっぱり

焼きがき 200円

沖野水産 直売所 店頭にはカキを焼くいい香りが漂う

「宮島」にある唯一のカキ生産業者の直売所。カキの旨みを逃さない丁寧な焼き方で、磯の香りとツルンとした食感がたまらない。 沖野水産 直売所

TEL/0829-44-2911

住所/廿日市市宮島町553-1

営業時間/10時~17時

定休日/不定

「沖野水産 直売所」の詳細はこちら

牡蠣屋

てっぺんにカキの煮付け。磯の風味が口いっぱいに!

牡蠣屋 シンプル料理で「地御前カキ」の旨みを堪能

かきむすび 330円

牡蠣屋 メニューが豊富なカキ料理の専門店

カキエキスがたっぷりの出汁で炊いたカキ飯をおむすびに。大粒でプリプリッとした「地御前カキ」の煮付けを添えた見た目もキュート。 牡蠣屋(かきや)

TEL/0829-44-2747

住所/廿日市市宮島町539

営業時間/10時~18時(時期により変更あり)

定休日/不定

「牡蠣屋」の詳細はこちら

ぺったらぽったら本舗

タレの焦げる香ばしさは素通りできないほど!

ぺったらぽったら本舗 甘辛い醤油タレでどこか懐かしい味わい。アナゴ入りもある

ぺったらぽったら(かき)320円

ぺったらぽったら本舗

広島産のもち米とうるち米にカキをのせ、秘伝のタレをたっぷり塗って炭火焼き。潮の香りが食欲をそそり、表面はカリッで、中はもっちり。 ぺったらぽったら本舗

TEL/0829-44-2075

住所/廿日市市宮島町北之町浜1183-2

営業時間/10時~17時30分

定休日/不定

「ぺったらぽったら本舗」の詳細はこちら

○錦本舗

老舗旅館の味をお手軽に。厳選アナゴの上品な味!

○錦本舗 ずっしりの100gで食べ応えも充分

穴子まん 450円

○錦本舗 昭和レトロな店構え
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。