ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

GWは「日本新八景」に出かけてみる!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE月曜〜木曜の午前の番組「POP UP!」(ナビゲーター:岡田マリア)のワンコナー「J’S RESEARCH」。4月25日(月)のオンエアでは、「日本新八景」の中で“行ってみたい場所”を調査しました。

日本を代表する8つの景勝地として1927年に選定された「日本新八景」。全国8カ所の名所の中で、皆さんが行ってみたいのはどこでしょうか?

J-WAVEの会員サイトJ-meを通じて、3,559人(有効回答数)のリスナー会員にアンケート調査をおこなったところ、以下のような結果が判明しました!

1位 渓谷「上高地」(長野県)・・・21%
2位 湖沼「十和田湖」(青森県/秋田県)・・・16%
3位 平原「狩勝峠」(北海道)・・・15%
4位 温泉「別府温泉」(大分県)・・・14%
5位 海岸「室戸岬」(高知県)・・・13%
6位 山岳「温泉岳(雲仙岳)」(長崎県)・・・9%
7位 瀑布「華厳滝」(栃木県)・・・7%
8位 河川「木曽川」(愛知県)・・・5%

今回のアンケートで全体の21%の人が選び、1位に輝いたのが長野県の渓谷「上高地」。男性からも女性からも一番人気でしたが、とくに男性人気は圧倒的! 24%の票を集め、4人に1人の男性が選ぶという結果になりました。標高約1500メートルから眺める雄大な山々や池、川の美しい景色が男性の心を惹きつけてやまないようです。

続いて2位にランクインしたのが青森県・秋田県にある「十和田湖」。カヌーやスノーランブリングなどのアウトドアスポーツが楽しめたり、疲れを癒やしてくれる温泉があったり、遊覧船で湖をまわったり。さまざまな過ごし方ができるところが男女両方から高い支持を集めました。

一方、今回最下位となったのが愛知県の「木曽川」。「別府温泉」や「上高地」などに比べて観光地としてのイメージがなく、ピンと来なかった人も多いのかもしれません。観覧船から“鵜飼”の様子を楽しめることで人気の「木曽川」ですが、もう一方の観光の目玉であるライン下りは残念ながら現在は運行休止中。もしかすると、これも今回のアンケート結果に響いているかもしれませんね…。

山に川、滝に温泉とさまざまな名所が集まっている「日本新八景」。ゴールデンウィークや夏休みの旅行先は、この中から選んでみてはいかがでしょうか。

【関連サイト】
「POP UP!」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/popup/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP