ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2016年4月の国内スマートフォン率は64.9%に増加、メインがMVNOという方の割合は5.6%(MMD研究所調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MMD 研究所は 4 月 25 日、2016 年 4 月時点の国内におけるスマートフォンユーザーの状況を発表しました。今回のデータは、15 歳以上の男女 6,588 人を対象に行われたインターネットアンケートの結果を基にしており、携帯電話全体のスマートフォン率は前年同月の調査よりも 2.4 ポイント高い 64.9% でした。ちなみに、フィーチャーフォンユーザーは 33.2% だったそうです。依然として 3 割強の方はフィーチャーフォンを利用しているんですね。MMD 研究所の調査結果では MVNO に関する情報をカバーしており、携帯電話ユーザー全体のうち、MVNO の SIM カードをメインで使っていると回答した人はたったの 5.6% でした。しかし、2015 年 4 月の 2.1% から増加率に変化が見られ、わずか 1 年間でその割合は倍増しました。ちなみに、NTT ドコモと回答した人は 36.5%、au と回答した人は 32.7%、ソフトバンクと回答した人は 21.6%、Y!mobile と回答した人は 3.3% でした。Source : MMD 研究所

■関連記事
HTC、「Oneギャラリー」を2016年4月30日で提供終了
e☆イヤホン、韓国The BITのハイレゾ対応Androidポータブルオーディオプレイヤー「OPUS#1」を発売
Sony Mobile、Xperia Z5 Premiumのピンクを台湾で5月3日前後に発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP