ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【炎上】東京五輪エンブレムが「国民投票で最下位のデザイン」に決定で国民激怒 / 旧審査委員も不信感「A案ありきのプレゼンだ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「東京オリンピック2020」の開催に際し、一般人からエンブレムを募集。その結果、デザイナーの佐野研二郎先生がデザインしたエンブレムが採用されたものの、「他人の作品に酷似している」「パクリなのではないか」といわれ、エンブレムの使用が取り消しとなった。

・可能性を秘めたデザイン
そして2016年4月11日、「東京オリンピック2020」の新エンブレムが、ついに決定した。最終候補A~D案の4つのなかから選ばれたエンブレムで、どれも甲乙つけがたい完成度だったものの、最終的にA案の野老朝雄さんの作品に決定したのだ。シンプルな色使いながら、奥ゆかしさと多様性に富んだ、可能性を秘めたデザインといえるだろう。

・A案ありきのプレゼン
しかし、今回の新エンブレム決定に怒りや不信感の声をあげている人たちが、多数いることが判明した。ことの発端は、旧エンブレム審査委員として参加した、グラフィックデザイナーの平野敬子氏のブログ記事。彼女はこの記事で「A案ありきのプレゼン」と断言しているのだ。以下は、平野敬子氏のブログの一文である。

・平野敬子氏の指摘
「2016年4月8日、五輪エンブレムの最終候補4作品が発表されました。公開されたA、B、C、Dの4つのデザイン案が並んでいる様子を見て、デザインの特徴から「A案」と「BCD案」という1対3の構図に見えました。4案の中で1案を選ぶという方法論において、先頭に配置された1案だけが際立つ見え方は不適切であり、「A案」ありきのプレゼンテーションだと受け取りました」

「第一印象として色が与える影響はデザイン要素の中で最も大きいと言える。そういった意味で、「B案」「C案」「D案」3案の色の印象が近いため、ワントーンで落ち着いた色の「A案」が差別化して見える」

「複数のデザイン・プランの嗜好を分析する場合、精度を求める調査では、「A・B・C・D」や「1・2・3・4」という順列を示す記号は用いません。なぜならば、記号の順列が心理に影響を及ぼし、調査結果に影響するからです。ですので通常は、例えば「K・G・l・M」といったランダムな、相互の関係性に意味が生じない記号を用いることが適切とされ、この方法によって公平かつ精度の高い調査結果が得られることとなります。今回の五輪エンブレム4案発表の構図を見る限りにおいては、デザインとしての良し悪しの問題以前のこととして、比較論として「A案」が選ばれやすい状況が整っている、つまり「A案」に特別な優位性が与えられた不平等な発表形式であると受け取りました」

「「A案」がオリンピックに相応しいデザインかどうかという観点は別として、専門的な見知としては、エンブレム委員のグラフィックデザイン専門家が「BCD案」を押すということは考えづらいと思います。ですので、エンブレム委員のグラフィックデザイン専門家の中では「A案」ありきの審査結果だと分析しています」(引用ここまで)

・多数の人たちから怒りの声
また、Yahoo! JAPANがおこなった「東京五輪の新エンブレム、どれがふさわしいと思う?」という国民投票の意識調査では、今回採用されたA案が最下位だった。こういうこともあり、インターネット上では、多数の人たちから怒りの声が上がっている。

・インターネット上の声
「他案が違い過ぎて誰かが「A案ありき」じゃないかと言ってたけど納得」
「A案ありきの審査だったそうですね。何れにせよ不透明感満載!」
「初めからA案ありきの他案って誰かが言ってたけど、やっぱりその通りなのね」
「正直「A案ありき」な意図が透けてみえたのがなー」
「葬式くさいし辛気臭い どうあっても黒いエンブレムにしたいんだな」
「A案ありきという話が現実味を帯びてくるなぁ」
「A案に決定されたが、事前の内部告発通り出来レースの可能性も否めない」
「誰かがA案ありきの出来レースって言ってたが、そのまんまやん。ズブズブで真っ黒なら、もう東京オリンピックに期待できんわ」
「やっぱりできレースだったのかって話ですよ。これは東京のお国柄なんでしょうかね」
「何だそりゃ! 初めから他の案はいらないだろう! 出来レースもいいとこだな!」

東京五輪のエンブレム、A案ありきでプレゼンされてたって言われてそのままA案になるとかw
事前の投票ではB,Dが人気でA案って最下位だったやんねー

— じろー@てのひら (@jiro724) April 25, 2016

・このデザインで確定か
佐野研二郎先生のときのようなパクリ疑惑ではないうえに、開催まで時間がないことを考えると、選考方法に問題があったとしても、このデザインで確定だと思われる。皆さんは、今回の選考方法をどのように感じるだろうか?

ちなみに、国民投票で1位に選ばれたのはB案のリング状のデザインである。これもまた、明るく楽し気なイメージで良い作品だ。

https://youtu.be/yRSbX-WcjKY

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz Plus http://buzz-plus.com/article/2016/04/25/tokyo2020-emblem/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP