ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

欧米人で賑わうタイの秘境クラビ島。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

欧米人で賑わうタイの秘境クラビ島。ニューヨークタイムズにも掲載された美しさとは?

切り立つ石灰岩の岩壁と熱帯のジャングルに抱かれた秘境のビーチリゾートクラビ島。美しい自然や海が手つかずで残されている貴重な場所です。

タイ国政府観光庁によると、米紙ニューヨーク・タイムズの「2014年に行きたい場所52選」に選ばれており、ハリウッド俳優もお忍びで訪れるほど人気の場所です。

その魅力についてご紹介いたします。

 

クラビ島とは

1904272_262950087222727_326812123903764815_n2

photo by  free-travel-you.com

タイバンコクの南西へ約800キロ、ピピ島の近くに位置しています。

直行便はないので、バンコクかスワンナプームまたはドムアンで乗り継ぎが必要となります。

意外と航空券が高いのですが、私は昨年12月にAirAsiaのセールで3万円代でゲットすることができました。皆さんも、各航空会社のセール情報をチェックしてみてくださいね。

 

どんなビーチがあるの?

クラビ島自体の主なビーチは3つ。

「アーオ・ナン・ビーチ」

pixta_18850004_M

photo by Pixta

観光名所として有名なのがアーオナンビーチ。ここから様々な島に向けてボートが出発します。

「ライレー・ビーチ」

pixta_2517970_M (1)

photo by Pixta

ライレー・イーストとウエストでビーチが分かれており、イーストビーチではロッククライミングが楽しめ、海水浴にはあまり向いていないそう。

一方ウエストビーチは、レストランやショップが並ぶリゾートエリアとなっています。
■詳細情報
・名称:ライレー ビーチ
・住所:194/5 Moo 5 | Tambol Saithai, Railay Beach,Krabi Town 81000, Thailand
・料金:往復約200バーツ
・所要時間:アオナンビーチ発着、ロングテールボートで15分程。

「プラナーンビーチ」

pixta_4068300_M

photo by Pixta

こちらはロッククライミングで有名な所。更に、プラナーン洞窟と呼ばれる所がありその中で泳ぐことができるので、水着をお忘れなく。

これらの海は陸続きなのですが、このビーチはボートでないと行けないので注意してください。
■詳細情報
・名称:プラナーンビーチ
・住所:Ao Nang, Krabi
・料金:往復約200バーツ
・所要時間:所要時間はロングテールボートで約20分

 

日帰りで離島にも行ける!

クラビ島のビーチは、泳ぐというよりはゆっくりしたい人向け。泳ぎたい人は日帰りでも訪れることができる離島がオススメです。

 「チキン島」

pixta_4068328_M

photo by Pixta

鶏の頭の形に似ているということからチキン島と名付けられ、ここではシュノーケリングをして楽しむことができます。

「ポダ島」

pixta_627795_M (2)

photo by Pixta

このポダ島、メインビーチの裏に周ると岩で囲まれた素敵なビーチがあるので、見たい方は実際に訪れてチェック!

「タップ島」

タイ国際航空 @ 大阪さん(@thaiairways_osaka)が投稿した写真 – 2016 2月 15 4:45午後 PST

引き潮の時、砂浜が現れて歩くことができ「海の中道」と言われています。島に行く手段はボート。

pixta_13454801_M

photo by Pixta

このようなロングテールボートと言われる物とスピードボードの2つあります。

ただ、人数が揃わないと出発しないこと、ボート料金を人数で割り勘になるなどの注意点があります。

島をすべて巡るツアーなどもあるので、旅行前に調べていきましょう。

 

絶対に行っておきたいスポット

クラビ島にはビーチ意外にも楽しめる所があります。

「クローン・トーム温泉」

shutterstock_297071189 (1)

photo by shutterstock

クラビから車で1時間ほどの所に位置する天然温泉。規模は違いますが、トルコのパムッカレに似ています。下流は水温が低く、上流に行くほど高くなっています。

各旅行会社のツアーもあるそうなので、利用してみるといいかもしれませんね。
■詳細情報
・名称:クローントーム温泉
・住所:Khlong Thom Nuea, Khlong Thom, Krabi 81120
・営業時間:8:30 ~ 18:00
・料金:90バーツ

「サ・モーラコット(エメラルドプール)」

pixta_20195279_M (2)

photo by Pixta

更に歩くと、エメラルドプールがあります。こちらは遊泳禁止ゾーンなので注意。

shutterstock_350559224 (2)

photo by shutterstock

遊泳可能なエメラルドプールがこちらです。休日は多くの観光客と地元の人で賑わい、楽しむことができます。

浮き輪があると良さそうですね。

クロントム温泉とは別で入場料がかかります。
■詳細情報
・名称:エメラルドプール (クリスタルプール)
・住所:Sukhaphiban 2 Road Krabi Cidade, 81000
・営業時間:8:00~17:30
・料金:200バーツ

 

週末限定ナイトマーケット

shutterstock_302684024

photo by shutterstock

金・土・日曜日限定で開催されるナイトマーケット。

16:00頃~21:30頃までで、食べ物や洋服の出店がたくさん並んでいてクラビ島の街を夜まで満喫できます。

 

最後に

ピピ島やサムイ島も人気ですが、今クラビ島が熱いので是非訪れてみてはいかがでしょうか?

私は来年の1月に訪れるので実際にどんな感じだったかや、新しい場所を発見してきたいと思います。

今年どこに旅行しようか悩んでいるあなた、クラビ島を候補に入れてみてください。

関連記事リンク(外部サイト)

次のオリンピックは地球の裏側!ブラジルの世界遺産4選とレンソイスをご紹介
【女子旅オススメ】ついつい買っちゃう可愛すぎるアジアン雑貨9選
こんな飲み方あったんだ!知られざる東南アジアのコーヒー文化
アメリカのCNNが選んだ!「日本の最も美しい場所31選」全部知ってる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。