体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ジャニゴトまとめ Vol.4】これは夢…? ジャニーズだらけの野球大会に行ってきた<後編>

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜い“ジャニゴト”ノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。

Vol.3(http://okmusic.jp/news/120479)では番外編として、4月13日に東京ドームで開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』の公開練習の様子をレポートしました。

今回はついに試合本番。前回に引き続き、ジャニ担スタッフによる潜入レポをお届けします!

《ジャニゴトまとめ Vol.4 ラインナップはこちら》
・Jr.勢揃いのパフォーマンスで開幕
・ファンが思わず応援したくなる“愛らしさ”がカギ
・ 先輩後輩の絆が形になったチームプレー
・ ファンと声を枯らして応援したスペシャル応援団
・ イノッチのジャニ愛溢れる野球解説が面白すぎる!
・ 気になる野球大会の結果は?
・ ショータイムではさらなるゲストも!
 (okmusic UP's)

Jr.勢揃いのパフォーマンスで開幕。始球式に登場したのは…?
ファンファーレとともに開会のパフォーマンスを披露してくれたのは、多勢のジャニーズJr.たち!

ジャニ担スタッフ「オリンピックの開会式みたい! 華やか〜!」

『ジャニーズ・ワールド』で披露され、すっかりおなじみになった「HiHi JET」、Mr.King vs Mr.Princeの「サマーステーション」など、Jr.担にはたまらないステージだったのではないでしょうか? 行方が気になっていたキンプリの集結に嬉し涙を流すファンも(;_;)

また、攻守交代のタイミングでは「HONEY BEAT」(V6)、「君のために僕がいる」(嵐)、「希望~Yell~」(NEWS)、「明日へのYELL」(Hey! Say! JUMP)といったジャニーズの応援ソングを披露。野球大会に華を添えてくれました!

そしてついに、各グループの代表曲をバックに選手が登場! 会場いっぱいの黄色い声に加えて、事前発表のなかったスペシャルゲストが登場すると、悲鳴に近い歓声が\(^o^)/

NEWSメンバーは当初出演が発表されていなかったため、増田貴久くんの登場にファンは絶叫! まっすーの人気ぶりがうかがえました♪

また、KAT-TUNからは中丸雄一くんと上田竜也くんがサプライズ登場。3人になって初のイベント出演に一気に注目が集まりましたが、亀梨和也くんが「入口出口……あっ!」とジョークを言うなど、3人になっても変わらない空気感で安心させてくれました(*^^*)

そして、ついに発表されたスタメン。J.Redには、亀梨くんや中山優馬くんといった野球経験者をはじめ、二宮和也くんからJr.の高橋優斗くんまで、先輩後輩の垣根を越えた実力者揃いのメンツが集結。

同じくJ.Whiteも、坂本昌行くんや堂本光一くんといった大先輩をはじめ、岸優太くんや岩橋玄樹くんがJr.を代表してスタメン入りするなど、次世代のジャニーズの活躍にも注目が集まります。

始球式はJ.White監督の東山紀之さんがピッチャー、J.Red監督の近藤真彦さんがバッター、坂本くんがキャッチャーを担当。和やかな雰囲気で野球大会がスタートしました!

実力だけじゃない! ファンが思わず応援したくなる“愛らしさ”がカギ
スポーツ番組「Going!」で豪速球プロジェクトに挑戦している亀梨くんの投球は、誰が見ても完璧な速球! その速さとフォームの美しさに、投げるたびに「お〜!」という歓声が上がっていました。

ジャニ担スタッフ「これが噂の亀ちゃんの投球……! は、速すぎて見えない……!」

亀梨くんの意思を受け継ぐ優馬くんもJ.Redの投手として活躍し、チームをグイグイ勝利へと導きます。

また、『ジャニーズ野球大会』は野球の実力以外にも“キャラクター”で活躍できるのが一般的な野球と違うポイント。

スタメンのなかには野球未経験の選手もたくさんいましたが、がむしゃらに野球に向き合う姿はつい応援したくなってしまいます。

例えば、JUMPの髙木雄也くん。野球経験はなく、“バスケをやっていた”という彼ですが、序盤にまさかのヒットで試合の流れを大きく変えてくれました!

あいいろさんのノートでも、そんな高木くんの活躍ぶりに触れていました。
同じくJUMPの薮宏太くんは“サッカーをやっていた”、中島裕翔くんに至ってはもはや球技ではなく“乗馬をやっていた”と紹介され、どっと笑いが起こる場面も。冠番組でめきめきと鍛えられた彼らのバラエティー力が形になった(?)瞬間でした!

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。