ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スキマスイッチとプラネタリウムのコラボ作品がリバイバル上映決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スキマスイッチの音楽と星空のコラボレーション作品『スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)』が、コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine Cityのオープンからの累計入場者数400万人突破を記念し行なわれた夏のリバイバル上映作品を決める一般投票で、総投票数7709票の中から1位を獲得。6月4日(土)より同プラネタリウムでリバイバル上映が決定した。

『スキマスイッチ 宇宙の奏(かなで)』は2013年3月から6月まで“天空”(東京スカイツリータウン(R))と“満天”(池袋サンシャインシティ)で上映され、好評を博した作品。スキマスイッチの音楽と星空のコラボレーションが織りなす壮大な“宇宙”と、今ここに居る“奇跡”を感じられる作品となっており、スキマスイッチの温かく包み込むような名曲の数々と、満天に広がる美しい星空が、見る者の心を震わせる。

エンディングではスキマスイッチの代表曲のひとつである「奏(かなで)」がドームいっぱいに響き渡る。また、本作品のナレーションはアニメ『おそ松さん』のおそ松役等で人気の声優・櫻井孝宏が担当している。この機会に多くの方に支持された名作をリニューアルした“満天”で楽しんでほしい。

■『スキマスイッチ 宇宙の奏』

http://www.planetarium.konicaminolta.jp/manten/program/planetarium/summer_16/

『スキマスイッチ 宇宙の奏』
上映期間:2016年6月4日(土)~9月4日(日)

上映時間:約40分 

10時(※)・12時・15時・19時の回

※7月23日(土)~8月31日(水)のみ10時の回を上映

※休館日、追加上映回など、

最新情報はウェブサイトでご確認ください。

http://www.planetarium.konicaminolta.jp/manten/

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP