体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

脳力UPのお手軽トレーニング法は「よく眠りよく歩きよく噛む」こと!

111007brain01.JPG

「あの人は何という名前だったけ?」「締め切りを勘違いしていた!」……なんて感じで、自分の脳の機能の低下に愕然とする今日この頃。
自慢ではありませんが、若い頃は記憶力だけはよかったんです。
でも、最近は覚えていたはずのことがスッポリ抜け落ちているなんてことが多く、我ながらショックを受けています。
マイスピでも大人気の脳力UPの記事を食い入るように読んでみたり、ネットでもつい脳力UPに関するものにばかり目がいってしまいます。
でも、根が面倒くさがりな私は、手間暇のかかることが苦手。だから脳力がダウンしちゃうとはわかっているのですが……。
そんな私にでも続けられそう! と思った超簡単な脳力UP方法が掲載されているサイトがあったので、ご紹介しますね。
 
体脂肪計で有名なタニタのホームページ。
タニタという名前を聞いただけでも健康によさそうな気がしてしまう、パブロフの犬的反応を示す私ではありますが、こちらの「脳力アップのためにできること」という記事は非常にためになりました!
まず脳の機能を向上させるためには当たり前と思うかもしれませんが、睡眠と休息が必要不可欠なんだそうです。
いくら脳を鍛えた有能な人材でも、眠い状態や、疲労が蓄積した状態では持てる力を十分発揮することはできないんだそう。ナポレオンは3時間しか眠らなかったといいますが、それって逆効果!?
なぜ、脳力UPには睡眠が不可欠化と言えば、それは大脳の以下の4つの性質に秘密があるんだそうです。
大脳は(1)超多忙な臓器であり、(2)エネルギー消費が激しい臓器であり、(3)酸欠にきわめて弱く、(4)昼間活動に使う興奮性伝達物質を生産・補給する必要がある。

「このような性質であるため、勉強、仕事、スポーツなどの活動で疲れた大脳を休ませ、疲労を取り除きリフレッシュすることが、明日の積極的な活動のためにどうしても必要となる」

……のだそうです。
それ以外にもおすすめな脳力UPのトレーニングは、おなじみのウォーキング
脳力も筋肉同様、積極的に使うことで鍛えられるそうです。説明によれば……

「特にウォーキングは、覚醒効果、記憶力・理解力(情報処理能力)、注意力・集中力・意欲(意図的行為機能)に効果があるとされています。(中略)ウォーキングが脳に良いとされるのは、景色がどんどん変化することで、多種多様な視覚情報が脳に入力されるから

歩くという行為もさることながら、景色の変化が視覚情報となって脳を刺激するため、脳力UPに役立つというわけなんですね。
歩くのはちょっと面倒というなら、しっかり噛むことを意識するだけでも脳力が高まるそうです。それは……

「しっかり噛むことで、咬筋、側頭筋の筋トレになり、脳への直接的な刺激がいくことと、口の中の感覚神経や味覚、嗅覚が刺激され脳に刺激がいく」

……ようになるから。これなら毎日の食事のときにちょっと取り入れることもできそうですよね。
日々、簡単にできるトレーニングで脳力を高めて、多忙な季節を元気に乗り切りましょう!
タニタの健康応援ネット からだカルテ
(涼月くじら)


(マイスピ)記事関連リンク
愛情溢れるセックスでハッピー! ビューティー&ヘルシーライフを
環境が変わるとココロが変わる。ウツに効く意外な方法
美しい3色の光の玉を効果的に使った瞑想方法。この秋は「三昧の境地」を目指そう

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。