体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

イラストレーターAndrew DeGraffさんが描くのは、往年のハリウッド映画のロードマップ。じつはこれ、映画に登場するキャラクターたちが移動した軌跡をそのまま地図に表しているんだそう。

マップを見ただけで、これが何の映画だか言い当てられる?最初はカンタン、でも徐々に難易度は上がっていきますよ!

01.
社会現象となった人気作
父と子、宿命の対決に終止符

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

正解:『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』

監督リチャード・マーカント、製作総指揮ジョージ・ルーカス。ルーク・スカイウォーカーを主人公とする3部作の最終章「エピソード6」にあたる作品。

建造中のデス・スターが印象的。登場人物ごとにそれぞれの惑星で活躍するため、マップを見てもラインが分離していることが分かります。黒はダース・ベイダー卿。

02.
主人公が過去と
現在を行き来する

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

正解:『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

1985年に監督ロバート・ゼメキスで製作された大ヒットSF映画の一作目。映画の舞台となった1985年の街並みが上。デロリアンDMC-12を改造したタイムマシンで主人公マーティ(マイケル・J・フォックス)がタイムスリップした1955年の街が下に描かれています。

赤いラインは、もちろんマーティ。黄色は科学者のドク(クリストファー・ロイド)でしょう。

03.
NYの街を舞台に
オバケたちが…

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

正解:『ゴーストバスターズ』

冴えない3人の科学者たちが、幽霊退治に奮闘する痛快SFコメディ。巨大マシュマロマンが街を破壊しながら、最後はビルの上へと登っていきます。監督はアイヴァン・ライトマン。

04.
邪教集団から
秘石を取りもどせ!

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。

正解:『インディー・ジョーンズ/魔宮の伝説』

ハリソン・フォード演じる考古学者インディの痛快活劇アドベンチャー。あのジェットコースターのように疾走する、スリル満点のトロッコシーンが、マップ上では線路で描かれています。監督はスティーヴン・スピルバーグ。

05.
エンタープライズ号が
宇宙をめぐる

いくつ分かる?あの名作映画を、ポップな「ロードマップ」にしてみました。
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。