体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オムレツ&クレープの中身にビックリ? 映画『素敵なサプライズ』がベルギービールの人気店「デリリウム」とコラボ

IMG_0367

快適な“旅”のお手伝いいたします——そこは、顧客の「あの世行き」を手助けする旅行代理店だった! 5/28に日本公開となるオランダ映画『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』は、チャーミングでエキセントリックなコメディ作品です。

【関連記事】行き先は“あの世”の旅行代理店?! 『素敵なサプライズ 』本編映像がブラックでキュート
http://getnews.jp/archives/1445916

de_surprise-main_large

『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』ストーリー
オランダの貴族で大富豪の一人息子ヤーコブは広大な敷地にあるお城に住み、アストン・マーチンなど高級車を何台も所有しているが、一切感情を持ったことがなく、楽しみを感じない人生に嫌気がさしていた。母親の葬式を済ませた彼は自殺を試みるが、常に邪魔が入り死ぬことができない。そんなとき、偶然拾ったマッチ箱に記された謎の代理店を訪ねてベルギーへ行く。その店は“最終目的地への特別な旅”のプランを提案する旅行代理店だったが、それは“あの世への旅”であり、事故に見せかけた自殺幇助のサービスを提供しているのだ。ヤーコブは喜んでサービスを依頼し、“いつ、どこで、どうやって死ぬか分からないサプライズコース”を申し込む。すっきりした気持ちで棺桶を物色していたヤーコブは、同じコースを申し込んだというアンネと出会い、澱んでいた彼の日々は少しずつ色づき始める。もう少し生きていたくなったヤーコブとアンネは、謎の代理店の激しい追跡をかわしながら逃避行の旅に出るが、さらに思いもよらない最大のサプライズが二人を待ち受けていた……。

本作を手がけたマイク・ファン・ディム監督は、“オランダのウェス・アンダーソン”とも評されるセンスの持ち主。しかし、かといって、ただ「シャレオツ〜」な雰囲気だけで終わらないストーリーの面白さと、迫力あるカーチェイスなどは男女共にオススメ出来る作品です。

そんな『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』の公開を記念して、種類豊富なベルギービールとビールに合う絶品メニューが楽しめる「デリリウムカフェ ギンザ」と「リトルデリリム」にコラボメニューが登場。筆者も味わってきました!

ふんわりオムレツの中身はなあに? 「デリリウムカフェ ギンザ」コラボメニュー

素敵なサプライズ

最大40種の樽生ビール(!)と70種以上のボトルビールが楽しめ、オシャレなインテリアも大人気の「デリリウムカフェ ギンザ」。

素敵なサプライズ

カウンターからソファまで席のバリエーションも豊富なので、お一人様から女子会まで色々なシーンにピッタリです。

素敵なサプライズ

こちらでいただけるコラボメニューはふわっふわのオムレツ。2、3人でシェアするとピッタリな大きめサイズです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy