ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

熊本地震 「不謹慎」さに気づく善良なる迷惑者が続々登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 4月14日に熊本地震が発生して以来、ネット上ではいつも以上に炎上騒動が増えている。これまでも何度も繰り返されてきた騒ぎだ。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が「不謹慎」をキーワードに燃え上がるネット炎上の無駄について、解説する。

 * * *
 熊本地震により、災害時にお馴染みの悪夢の展開がネットでは発生している。「『不謹慎』さに気づく善良なる迷惑者」の存在である。

 被災地への配慮をネット上に書き込むことは良いのだが、昨今発生するのは「他の人が気付かなかったことを気づいたオレエライアピール」である。そしてこれらは往々にして重箱の隅をつつくようなどうでもいいことであり、なんの益ももたらさないばかりか、これに共感した愚者の増殖をも発生させるという悶絶の展開になってしまうのだ。それでいて本人は、自分がいかに細かいところまで配慮が至っているかと悦に入っているのだからタチが悪い。

 地震のさなか、阿蘇山が1か月半ぶりに噴火した。阿蘇山は時々噴火しているので、通常であればそれほど注目はされないもので、規模にしてもマグマが飛び出し、倒壊した家屋を飲みこむとかそういったレベルではない。熊本が被災している中、追い打ちをかけるかのように発生した噴火に、地元の事情を知らぬ者達は戦慄した。

 そこで何が始まるかと思えば裁判傍聴芸人・阿曽山大噴火に対する自粛勧告と改名提案である。こんなツイートがある。いずれも本人に@をつけてメンションを送っている。

〈実際阿蘇山が“大噴火”したら、阿蘇山大噴火さんは改名しなきゃダメになるのかな?、なんて話をしている今日この頃です。〉

〈震災があったのにその芸名って不謹慎ですね。自粛した方がいいんじゃないですか?〉

 余計なお世話だ。しかも一つ目のツイートは名前を間違えている。「阿蘇山」ではなく「阿曽山」だ。どちらの発言者もつまらない連中と推測されるが、実際にこうした意見により改名を余儀なくされた例もある。

 女芸人・赤プルはかつて「赤いプルトニウム」を名乗っていた。だが、福島第一原発事故により、改名した。さすがにこの名前では仕事で起用しづらいといった事情に加え、自身の茨城の実家も被災したことが理由だろう。

 自発的に変えるのならいいのだが、当時彼女の芸名に対する「不謹慎です!」指摘はネットに多数存在していた。

 挙句の果てにはこうした風潮は、埼玉県吉川市の中学で卒業祝いの赤飯を3月11日の給食に出すと決まったら、「震災のあった日に非常識だ」と言い出す教師が登場したり、篠田麻里子に「自分の誕生日が3月11日であることに、申し訳ない気持ちがありました」(朝日新聞の取材)と言わせるという結果をもたらした。

 スルーしてもいいような余計なことに気付き、発信することは、東京五輪エンブレム騒動の時にも発生した。佐野研二郎氏の「パクリ」を発見しようと血眼になってネット上を探し続ける人々。佐野氏がデザインした東山動植物園のロゴとコスタリカの博物館のロゴが似ているとの指摘はやり過ぎだ。結局同園は事実関係を調査することに。

 こうした「私こそ気付いた!」合戦は他人に余計な仕事を増やすとともに、本人にも非生産的な時間を過ごさせる。まさに無駄の極致である。

●なかがわ・じゅんいちろう/1973年生まれ。ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『ネットのバカ』など

※週刊ポスト2016年5月6・13日号

【関連記事】
2015年前半 震度5以上を警戒すべきは九州・南西諸島エリア
世界の7分の1が日本に集中する火山について易しく語った本
専門家「噴火予知は困難。警戒レベル区分すること自体間違い」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP