ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自宅で育てる「カップ野菜」が持つ3つの利点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 現在、野菜ライフスタイリストとして活躍する伊嶋まどかさんは、かつて、植物を枯らす失敗を何度も経験。ベランダに残された鉢や土などの道具を見ると、さらにへこんだというが、不用になった鉢を眺めながら、コンテナや畑で育てる前に、ポットに種まきをすることを思い出し、カップ栽培を思いついたという。

 その利点は以下の3つだ。

【1】カップ(プラスチックのカップがおすすめ)は100円均一で購入できるので、たとえ栽培に失敗しても金銭的ダメージが少ない。
【2】サイズが小さいので、“また作ろう!”という気になりやすい。
【3】カップ栽培なら日当たりのよい場所に手軽に移動でき、手入れが簡単。

 そこで、まず伊嶋さんは、ベビーリーフの栽培に挑戦した。

 当初はカップの底に開けた水抜き穴が少なすぎて、底に水が溜まってしまい根腐れしてしまうこともあったが、穴数を増やすなど修正を重ね、コツをつかんだ後は、ミニ青梗菜やリーフレタス、スープセロリなど、さまざまなベビーリーフ栽培に挑戦し、毎日のキッチンを彩っている。

「カップ野菜は友達にプレゼントできるし、楽しみ方もいろいろ。失敗を恐れずぜひチャレンジして」

 季節別、カップ野菜の置き場所は以下の通り。

【春・秋】
 朝日がよく当たる窓辺がベスト。窓辺の温度変化は思っているより激しく、土が乾きやすいため、慣れない最初のうちは土の湿り具合の確認を。

【夏】
 直射日光により温度が急上昇するため、直射日光や西日の当たらない明るい場所に置くこと。特に、水やり後に直射日光に当ててしまうとしおれる原因に。

【冬】
 窓辺は冷気が入り、意外と温度が低い。育成に適した温度(20~23℃)が保てる明るくて温かい場所に置く。空気が乾燥して土も乾きやすいため、適度な保湿を忘れずに。

※女性セブン2016年5月5日号

【関連記事】
豪華料理に加え容器と箸も名品 16万円超の「高級駅弁」とは
スペインで「大麻インストラクター」という職業が成り立つ理由
旧ゴルフ場から滑走路まで ソーラーパネル設置で「再生」へ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。