体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【NY現地ルポ】米レストランは「チップ廃止」の動き

【NY現地ルポ】米レストランは「チップ廃止」の動き

ニューヨークへいらっしゃるあなたに、朗報です。あなたが不慣れなニューヨークで心配していることのひとつには、「チップ制度」があるのではないでしょうか。

日本では馴染みがないゆえに、いくらあげたら良いのか分からない、渡すタイミングが分からないなど頭が痛かったかもしれませんね。飲食時にどうしたらと、不安だったのでは? ニューヨークでは、現在レストランのチップ廃止の動きが出ているのです。

【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

そもそも、チップってなに?

チップとは、サービスに対して感謝の気持ちを示すお金で「サービス料」、「心づけ」とでもいえば解りやすいでしょうか。アメリカでは、主に下記のような場合チップが必要とされています。

レストランで飲食時(マクドナルドやスタバなど自分でサービスする店は除く)
タクシー乗車(タクシードライバー)
ホテルで荷物を持ってもらった時(ポーター)
ホテルでタクシーを呼んでもらった時(ドアマン)
ホテルでチェックアウトする時(メイド)長い滞在の場合は毎日1-2ドルを枕元に
修理を呼んだ時(メンテナンスの人に)
出前を取った時(宅配してくれた人に)

【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

なぜレストランでのチップが廃止の方向に?

●最低賃金の引き上げ
今までアメリカの最低賃金は、時給7ドル25セント。利用客からチップが見込まれるサーバー(ウェイターおよびウェイトレス)は、最低賃金で働いていました。

2014年に最低賃金の引き上げが可決され、2015年12月31日に9ドルへ。最終的に時給15ドル(2020年予定)に引き上げられます。

●キッチンスタッフとの格差の軋轢
客単価の高い高級レストランでは、能力の高いサーバーは一晩で200-300ドルのチップを稼ぐこともあり、法律上チップ制度に恩恵がないキッチンスタッフ(料理を作るシェフなど)やバスボーイ(食べ終わった皿を下げる、洗い物をする)との軋轢が生じる場合がありました。

【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

NYCのチップ廃止のレストラン

(2016年4月17日現在) 
【NYC】米レストランは「チップ廃止」の動き

Annisa
Biang
Bruno
Café China
Chef’s Table at Brooklyn Fare
Craft
Dirt Candy
Eleven Madison Park 
Fedora
Freek’s Mill
Huertas
I Trulli 
Insa
Maialino
Meadowsweet
The Modern 
Momofuku Nishi
M. Wells Steakhouse
Okonomi/Yuji Ramen (Japanese 定食/ラーメン) 
Ootoya (Japanese 定食)
Pasquale Jones
Per Se
Prawn Shop
Restaurant Riki (Japanese 居酒屋) 
Roman’s
Sushi Yasuda (Japanese 寿司) 
Sutton Inn
Teisui (Japanese 寿司コース) 

メニューは、サービス料込に値上げされている

最低時給を払うためには、店側も値上げせざるを得ません。それでなくても、マンハッタンのテナント代(家賃)はロケットハイと言われています。テナント代が、ロケット並みに早く高く上昇しているという意味です。チップ制度廃止の店は、メニュー価格の改正を行っています。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。