ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

なぜ第2の脳といわれるの?腸から感情が出ているってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ストレスでお腹の調子を崩す人は少なくありません。ストレスで下痢や便秘になるだけでなく、疲れると甘いものが欲しくなったり……。腸と脳はダイレクトに繋がっているのが実感できます。そして近年、腸にも脳と同じ神経細胞があるということがわかってきました。独自の神経系を持ち第2の脳ともいわれる腸の不思議を調べてみました。

脳のほかに唯一「神経系統」を持っている臓器が腸

私たち人間の気分や考え、そして行動は脳からの信号によるものです。行動のなかには心臓の拍動、血液の循環、体温調節、臓器の働きなどもありますが、これらは脳と繋がっている自律神経によって意識しなくても生命が維持できるように動いてくれています。そんななかで腸は、脳からの指令が無くても「消化吸収分解」という仕事を行っています。脳からの指令が無くても機能する臓器は腸だけ。そして腸にも脳と同じように無数の神経細胞があり、脳以外に腸からも感情のサインを出しているというのです。腸からも感情のサインが出ているなんて驚きではないでしょうか。

幸せホルモンのセロトニンは腸で作られている!

腸では脳と同量のドーパミンを生成しており、さらに幸せホルモンとして知られるセロトニンの95%は腸で作られていることがわかっています。セロトニンは気持ちを安定させ、睡眠ホルモンのメラトニンを生成します。腸内環境が悪いとセロトニンの元となるトリプトファンを摂取してもセロトニンが作られず、免疫機能が低下しうつ病やストレス障害を起こしやすくなります。腸で作れられるドーパミンやセロトニンは、主に臓器の修復や調整に使われているようです。さらに腸にある迷走神経を刺激することがうつ病の治療に効果があることも近年証明されています。

腸が気分に影響を与えている

味覚などに変化がないようにチューブを通して腸に食事を与えると、目や脳で何を食べたかわかっていなくても、腸が得た情報で脳に指令が行くということもわかりました。脂肪分を与えるとドーパミンが放出されて幸福感や喜びが増加し悲しみの反応には鈍くなる。刺激物を与えると心配の兆候が大きくなったというのです。そして炭水化物を与えるとセロトニンが放出され、満腹感を得ることができたそう。これが腸が第2の脳といわれる所以なのかもしれません。

腸内環境を改善することは、心の健康を改善することにも深く関わるといえます。便秘なんてしていられません。腸に良い生活習慣を心がけることが、心身の健康維持に最も大切なことなのかもしれません。

writer:しゃけごはん

カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP