ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、Xperia Z4のAndroid 6.0アップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 4 月 25 日、Sony Mobile 製 Android スマートフォン「Xperia Z4」の Android 60 アップデートを開始しました。今回のアップデートは OS のバージョンアップを伴う大規模なものです。OS バージョンは Android 5.1 から Android 6.0 に刷新され、Google が Android 6.0 で追加した新機能などを利用できるようになります。まず挙げられるのは Google Now の拡張機能となる「Now On Tap」に対応したことです。これはホームボタンの長押し操作で画面の内容を読み取り、アプリに応じて適切な操作メニューを提供します。また、Android 6.0 で導入された Doze モード(非アクティブ時の節電機能)や App Standby といった節電機能により、バッテリーの消費量が減ると期待されます。このほか、カメラアプリが刷新され、スワイプ操作で「おまかせプレミアムオート」「マニュアル」「動画撮影」「カメラアプリ」を切り換えられるようになったほか、通知パネルに通知の OFF 機能が追加されました。Xperia Z4 のアップデートは端末単体または PC ツール「Xperia Companion」で実行できます。アップデート後のソフトウェアビルドは「32.1.D.0.284」です。(参考)Xperia Z3+(Xperia Z4 の海外モデル)の変更内容Source : ソフトバンク

■関連記事
イオン、スマートフォンで株主総会の招集確認・情報閲覧・議決権行使が行える新サービス「スマホ招集通知」を今期の株主総会で導入
テッウィンド、Google Play対応の低価格10.1インチタブレット「CLIDE A10A」を発表
Xiaomi、Mi 5と一緒に発表した「Mi 4s」の低価格モデルを開発中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP