ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ウディ・アレンの映画『Cafe Society(原題)』の初トレーラーで、ジェシー・アイゼンバーグはクリステン・スチュワートに恋をする

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ウディ・アレン監督による、米アマゾン・スタジオ配給の映画『Cafe Society(原題)』の初となるトレーラーが公開された。

1930年代を舞台にしたロマンティック・ドラマで、今年(2016年)のカンヌ国際映画祭で初公開される予定だ。映画界でのキャリアを夢見てハリウッドにやって来たボビー役を、ジェシー・アイゼンバーグが演じる。彼はエンターテイメント界の中心に立つや否や恋に落ち、また、豪華なハリウッド・シーンに見惚れる。クリステン・スチュワート、スティーヴン・カレル、ブレイク・ライヴリー、パーカー・ポージー、ジーニー・バーリンらが出演する。本作は、アレンの手による初のデジタル撮影作品となる。

映像の中で、カレル演じる業界の鍵となるボビーの叔父は、「この街はエゴにとらわれている」とボビーに語る。

北米では、5月19日(現地時間)のシアトル国際映画祭で初めて上映される。

アレンは昨年、ホアキン・フェニックスとエマ・ストーンが出演した犯罪ドラマ映画『教授のおかしな妄想殺人』でカンヌ国際映画祭に姿を現した。また、2011年には映画『ミッドナイト・イン・パリ』を同映画祭で初公開している。

第69回カンヌ国際映画祭は5月11日から22日(現地時間)にかけて開催される。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP