ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

赤ちゃんを迎えるための準備!ママパパの体づくり、夫婦で楽しみながら一緒に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旦那の転勤のため引っ越しをせざるを得なくなり、退職したのをいい機会だと思い、旦那とも話し合って妊活に入ることにしました。

その気になればすぐ子供が出来るだろうと思っていたのですが、それが間違いでした…。

まずは基礎体温を計ることから始め、排卵日のめどをつけてみたのですが、いざその日になったら旦那の体調が悪かったり、慣れない転勤先での疲れがたまり帰宅してすぐ寝てしまったりで、なかなか子作りすることが出来ない月もありました。

もどかしくて、

「本当に子供がほしいと思ってるの?」

と旦那に言ってしまった時もありました…。

子作りできても、また生理が来て…の繰り返しで。

今月もダメだったかぁと私自身ストレスも溜まり、今まで一定だった生理周期もズレ始めました。

知り合いもいない土地に引っ越し仕事もせず、妊娠を待つだけの日々が辛かったため、パートを始めて気持ちを紛らわしました。

先輩ママさんに、

「全然妊娠できなくて辛い」

と相談したところ、

「今は赤ちゃんを迎えるための準備期間だと思って、妊娠しやすい体づくりをすればいいと思うよ!」

と言われました。

確かに今まで排卵日チェックくらいしかしてなかったなと反省しました。

それから夫婦で葉酸サプリを飲んだり、ランニングなど運動をしたり、食事にも気をつけ、太りすぎにも注意しました。

ストレスを溜めないよう、月に2回は夫婦で色々なところに出掛けてお互いリフレッシュするようにもしました。

それでも妊娠しない日々に、旦那も私も

「もしかして自分の体に問題があるのでは…」

と互いが思い、

『今年中に出来なかったら、検査を受けにいこう』

と二人で期限を決めて頑張ることにしました。

妊娠できる体なら、それがわかるだけでもストレスを減らすことに繋がるねと旦那がいってくれました。

結果、12月に妊娠発覚!

子供を作ろうと話し合ってから約1年、体づくりに気をつけ始めてから半年後のことでした。

体づくりで一番大切なのは、ストレスを溜めないことだったのかなと私は思います。

ストレスは生理周期にも影響するし、夫婦関係も悪くします。

時には妊活のこと自体を忘れることも大切かなと思うくらいです。

私は旦那も一緒にサプリを飲んだりして、一緒に体づくりを行えたから続けて行くことができたかなと感じています!

関連記事リンク(外部サイト)

妊娠しやすい身体づくりをするために
妊娠中に取り組んだこと
38歳でも運動・ダイエット効果で妊娠成功!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。