ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

筋肉少女帯、2016初ライブにナカジマノブ、野水伊織、二井原実がゲスト登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

筋肉少女帯、今年初のライブ「2016 筋少1st Live 歌って!筋肉少女帯!!」が4月23日、東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催された。

この夜の公演は“ゲスト有り”と事前に告知されていたものの、当日まで誰がステージに上がるかわからないというドキドキの趣向。また、既に筋少から公式なアナウンスがあったように、大槻の声帯ポリープ除去手術前最後のライブでもある。ソールドアウトの場内は、開演前からスリルと興奮に満ちていた。

午後6時を過ぎた頃に客電が落ちると、大きな歓声を浴びながら、大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が登場。大槻の「お客様は神様でーす!」の第一声に導かれての1曲目「オーディエンス・イズ・ゴッド」で、観客の気分はいきなり最高潮に。続く「カーネーション・リインカネーション」のイントロが鳴った瞬間、LIQUIDROOMは熱狂モードへ突入。こうなるともう、筋少とオーディエンスの勢いは誰にも止められない。

「今年初の筋肉少女帯ワンマンライブだぜー!声を限りにオーディエンスが歌ってくれよー!」と大槻が煽る。彼のMCは本日も絶好調だ。おもしろトークと抜群の演奏力が巧みに融合した筋肉少女帯のライブは、何度観ても刺激的。序盤は内田が味わい深い歌声を披露する「モコモコボンボン」、本城の華やかなヴォーカルを堪能できる「LIVE HOUSE」、橘高がアグレッシブに叫ぶ「スラッシュ禅問答」で観客のハートに火をつける展開に。この時点で十分にスペシャル感のあるライブだが、ここからがさらに凄かった。

まずは筋少の定番中の定番「日本印度化計画」で人間椅子のドラマー、ナカジマノブがパワフルな歌声を轟かせ、フロアの大歓声に応える。続いてのサプライズは、声優・野水いおりを迎えての「球体関節人形の夜」。大槻作詞、橘高作曲で楽曲提供したこの曲でコラボした野水は、熱烈な筋少ファン。憧れのメンバーたちに囲まれてロマンチックな華を咲かせる彼女に惜しみない拍手が送られる。ゲストを迎えてのまさかの展開は、これで終わらなかった。大槻の紹介に導かれ、LOUDNESS/X.Y.Z.→Aでヴォーカルを務める二井原実が登場し、「イワンのばか」を熱唱。問答無用の迫力が場内を支配し、オーディエンスは狂喜乱舞する。

この興奮が冷めやらぬなか、ライブは後半戦へ。橘高・本城・内田の3名がヴォーカルをとる「地獄のアロハ」など、見応えたっぷりの楽曲が春のLIQUIDROOMを彩る。本編の最後は、「混ぜるな危険」と4月20日にリリースされたばかりでライブ初披露となった「週替わりの奇跡の神話」で畳みかけた彼ら。疾走感と緊張感溢れるTVアニメ『うしおととら』のオープニングテーマの連発に、オーディエンスは最高の笑顔で応えていた。

やまない歓声に導かれて再びステージに姿を現す筋少のメンバーたち。まずは久々の「蓮華畑」で観客をしっとりと包み込む。続いて披露された強烈な「マタンゴ」と、思わず体も揺れる「枕投げ営業」で場内の一体感は増すばかり。アンコール最後の1曲「釈迦」では、筋少のメンバーに加え、この日ゲスト参加した二井原、ナカジマ、野水の3名がステージ上に並んで歌うという、にわかに信じがたい光景が目に飛び込んできた。二井原が「あなたがたの演奏を楽屋のモニターで観ていて、涙が出そうになりましたよ!筋肉少女帯、いいバンドだな!」と叫んだように、終始優しく明るい空気が場内に漂っていた。多様なゲストを迎え、絢爛豪華なライブを披露した筋肉少女帯。彼らの稀有な魅力に、今後もますます注目したいところだ。

なお、昨年10月12日に開催された筋少のライブ、「橘高文彦デビュー30周年記念LIVE“筋肉少女帯”」がBlu-rayで7月13日に発売されることも発表された。詳細はオフィシャルサイトにて。

Text by 志村つくね
Photo by 柴田恵理

<セットリスト>
1. オーディエンス・イズ・ゴッド
2 カーネーション・リインカネーション
3 モコモコボンボン(内田[筋肉少女帯]歌唱)
4 LIVE HOUSE(本城[筋肉少女帯]歌唱)
5 スラッシュ禅問答(橘高[筋肉少女帯]歌唱)
6 日本印度化計画(ナカジマノブ[人間椅子]歌唱)
7 球体関節人形の夜(野水いおり歌唱)
8 イワンのばか(二井原実[LOUDNESS / X.Y.Z.→A]歌唱)
9 日本の米(橘高・本城・内田[筋肉少女帯]歌唱)
10 航海の日
11 地獄のアロハ(橘高・本城・内田[筋肉少女帯]歌唱)
12 サンフランシスコ
13 みんなの歌
14 混ぜるな危険
15 週替わりの奇跡の神話
-ENCORE-
1 蓮華畑
2 マタンゴ
3 枕投げ営業
4 釈迦(二井原+ナカジマ+野水+大槻歌唱)

リリース情報
LIVE Blu-ray「橘高文彦デビュー30周年記念LIVE“筋肉少女帯”」
2016年7月13日発売
TKXA-1097 6,300円(税抜)
<収録予定楽曲>
01. Opening 〜 サーカスの来た日
02. ゾロ目
03. くるくる少女
04. ノゾミのなくならない世界
05. 踊る赤ちゃん人間
06. レジテロの夢
07. 球体関節人形の夜
08. おわかりいただけただろうか (Vo.橘高 Ver.)
09. 小さな恋のメロディ (Vo.橘高 Ver.)
10. 交渉人とロザリア
11. レティクル座の花園
12. 橘高文彦 Guitar Solo 〜 再殺部隊
13. 詩人オウムの世界
14. パブロフの犬
15. ア・デイ・イン・ザ・ライフ
16. Thank You (Vo.橘高Ver.)
17. 影法師
18. 少女の王国
19. イワンのばか
20. トリフィドの日が来ても二人だけは生き抜く
21. Ending 〜航海の日

関連リンク

筋肉少女帯オフィシャルサイトhttp://king-show.eplus2.jp/
徳間ジャパンコミュニケーションズ アーティストページhttp://www.tkma.co.jp/j_pop/King-Show/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP