体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトバンク孫社長、「iPhone4S」の価格や「実質無償機種変更キャンペーン」など発表

ソフトバンクの孫正義社長

 ソフトバンクの孫正義社長は2011年10月7日、都内で記者会見を開き、14日から販売開始となるiPhone4Sの料金を発表。さらに「3Gまたは3GS」のユーザーが、「4または4S」へ機種変更した場合、残りの分割支払金と同額を毎月の支払いから値引きする、「実質無償機種変更キャンペーン」などを行うことを発表した。

 アップル社は4日、iPhoneの最新機種「iPhone4S」を発表。日本ではこれまでソフトバンクが同シリーズを独占販売していたが、今回の「iPhone4S」はソフトバンクに加え、KDDIが新たに取り扱うことになった。両社とも本日7日から予約を開始し、14日に発売する。

 ソフトバンクにおける「iPhone4S」の販売価格は、2年契約の「月月割」適用時で16GBモデルが0円、32GBモデルが480円/月、64GBモデルが880円/月となる。実質価格は16GBが0円、32GBが1万1520円、64GBは2万1120円。通信プランは従来どおりで、パケット定額は月額4410円となっている。

 一方、KDDIの実質販売価格は2年契約で16GBが0円、32GBが1万320円、64GBが2万640円。スマートフォン向けデータ通信の料金を、2年間は「iPhone スタートキャンペーン」として4980円/月に割引する(通常は5460円/月)。また他社から「MNP(携帯電話番号持ち運び制度)」で新規に「iPhone4S」を契約したユーザーには、1万円をキャッシュバックするキャンペーンも実施する。

 ソフトバンクは、iPhone「3Gまたは3GS」のユーザーが「4または4S」に機種変更した場合に、残っている分割支払金と同等の金額を、毎月の基本使用料、通信料などから値引きする「実質無償機種変更キャンペーン」(11月30日まで)などを発表した。

 さらに孫社長は、5日に死去した米アップル社の創業者で元CEOのスティーブ・ジョブズ氏について触れ、

「昨日はショックなニュースに放心状態だった。スティーブと約束した、人々の手に感動を届ける――そのことを誠心誠意、一生懸命にやりたい」

と語り、故人を偲んだ。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]孫社長のジョブズ氏への追悼から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv66459517?po=news&ref=news#0:01

(岩本義和)

【関連記事】
ビル・ゲイツ氏、ジョブズ氏の悲報に「本当に寂しい」
Google、トップページでジョブズ氏を追悼
スティーブ・ジョブズ氏が死去 米アップル創業者
ジョブズ退任でアップルはどうなる? ITジャーナリストが白熱の議論、全文書き起こし
iPhone4S発表されるも、AppleStore銀座は平穏にオープン

ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。