ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グルーヴィーなパフォーマンス集団「AXYZM」。立ち上げたのは、世界が熱視線をおくる日本人ダンサー

DATE:
  • ガジェット通信を≫


全米の超人気ダンス番組「アメリカズ・ベスト・ダンス・クルー」で、史上最高レベルとの呼び声高いパフォーマンスを披露し、いまや振付師、総合演出家としても活躍する日本人ダンサーHOKこと、小西北斗さん。

2015年、彼が中心となって新たに立ち上げたパフォーマンス集団「AXYZM(アクシズム)」のパフォーマンスビデオがこちら。指先だけで踊るフィンガー・タットを織り交ぜながら、総勢37名のダンサーがグルーヴィーなリズムに合わせて、日常をダンスに変えていく。

ムーヴメントをデザインする
ダンスパフォーマンス

アクロバティックな動きを取り入れたダンスはほどんどなし。エプロン姿やコック服、清掃着に身を包んだダンサーたち。バスケットボールやバランスボールを使ったり、プレイステーションが登場したり、テーブルセッティングをフィンガー・タットでキメたりと、生活の場すべてがアクシズムにとってはダンスフロア。

独創的なアイデアとコミカルな動きに、ノックアウト寸前だ。







さぞかしユーモアたっぷりのダンサーかとおもいきや、“メメント・モリ”を題材に、こんな叙情的なダンスもHOKは披露している。以下もぜひチェックしてほしい。

Licensed material used with permission by AXYZM

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。