体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は、現地の人々にアートの魅力を伝え、同時に学校の楽しさを伝えること。

学校の壁をキャンバスに
日本とインド「アート交流」

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

淺井裕介「祝福のダンス」Wall Art Festival 2011
写真:三村健二

そこに壁があれば。そして土と水と植物があれば。他に何もなくてもアートはできる。それがWAFの出発点。開発途上地域や貧困地域の学校の壁に、日本とインドのアーティストが絵を描き、壁画を作るのがこのフェスティバル最大の見どころだ。

「ビハール州のこの村周辺の人々の識字率は、2011年の調査でようやく50%を超える程度。学校に通いきれず成長していく子どもも多くいます。農作業に駆りだされたり、出稼ぎについて行かねばならなかったり、学校に継続して通えない理由は様々なんです」

これはNPOウォールアートプロジェクトを指揮する、おおくにあきこ代表の言葉。地域の子どもたちがアートに触れることで、自分たちの未来について考えるキッカケになれたら。こうして、ウォールアートフェスティバルがスタートした。

村全体で“表現の場”をつくる
ウォールアートフェスティバル

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

大小島真木「この場所で空を歌おう」 Earth Art Project 2014
写真:ウォールアートプロジェクト

WAFは、校舎の壁をキャンバスに、日本とインド両国のアーティストたちがおよそ2週間〜3週間現地に滞在しながら壁画を制作していくイベント。子どもたちは制作中、芸術家たちの筆さばきを目の前で見ることもできる。また、村人も参加してのワークショップが開催され、村全体で表現の場を作ることで、学校へ通えない子どもたちも自然と校舎へと足を運ぶ機会をつくっている。

フェス後、作品を
元の白壁に戻す理由とは?

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

ところで、製作された壁画は芸術祭の3日間のみ、エキシビジョンとして無料公開された後、アーティストと話し合い、時機をみて元の白い壁に戻してしまうんだそう。その理由をおおくにさんはこう表現する。

「アーティスト渾身の作品ですから、とても悩むけれど、でも敢えて消す。そのことに再生と継続への願いを込めています。ゼロから何かが生み出される熱を帯びた過程を経験することで、子どもたちは“アートのチカラ”を感じ取ることでしょう」

この言葉に裏打ちされるように、フェスティバル後に「絵を描きたいという子どもが増えた」、「歌や踊りでも表現力が増した」といった、目に見える変化が現地の先生たちから報告されているんだそう。

学校へ通う「キッカケ」づくり

インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?
1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。