ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーハンター川島良彰氏と貝印が共同開発した自宅で最高においしく味わえる「The Coffee Dripper」

DATE:
  • ガジェット通信を≫


貝印は、4月22日(金)、キッチン用品の高級ライン「KaiHouse(カイハウス)」ブランドにおいて、スペシャルティ ドリッパー「The Coffee Dripper(ザ コーヒードリッパー)」を全国の有名百貨店、全国のミカフェート店頭、貝印の公式オンラインサイトなどで発売開始した。

同商品は、ミカフェート代表でコーヒーハンターの異名で知られる川島良彰氏と“自宅で最高においしいコーヒーを楽しむ”ことをコンセプトに共同開発した「KaiHouse×Micafeto」シリーズの第三弾。

本シリーズは、世界中のコーヒー農園を回りコーヒーを知り尽くしたといえる川島氏の「コーヒー豆のおいしさを最大限に引き出し、自宅で最高のコーヒーを楽しんでほしい」という想いを実現したものなのだとか。


注ぎ時間で変化するコーヒーの香り、味わい、コクを「コーヒー好きが自分で抽出スピードを調整できる」ドリッパーをテーマに開発した。ドリッパー内のリブ(凸部)の高さと直線の配置にこだわっただけではなく、多角形で素材に有田焼を採用。強度と自然な風合い、曇らない表面の色彩を生かした。清潔感溢れるキレイな白色に思わず心を惹かれる人も多いはず。

KaiHouse×Micafeto The Coffee Dripperは、幅141mm✕奥行114mm✕高93mmで価格は税抜5000円となっている。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。